最強オフィス爆誕!? 自然の中で自由に仕事する? 日産「キャラバン」の新しい提案とは

新型コロナ禍によりテレワークやワーケーションという言葉が定着してきました。そうしたなかで、日産は商用バンの「NV350 CARAVAN」をベースに開発したどこにでも移動してオフィスにすることが可能な新しいライフスタイルを提案しました。

どこでも仕事出来ます! そうオフィスポッドがあればね!

 日産の商用バンとして販売される「NV350 CARAVAN(以下、キャラバン)」。トヨタ「HIACE(ハイエース)」と並んで日本で働く仕事のプロ達の相棒的存在です。
 
 そんな、キャラバンは「東京オートサロン2021」で昨今の新型コロナ禍にピッタリなどこでもワーケーション仕様をお披露目しました。実車はどのような代物なのでしょうか。

自由に移動してどこでもオフィス化! 「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」はこれからのワーケーションへの提案!
自由に移動してどこでもオフィス化! 「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」はこれからのワーケーションへの提案!

 今回のキャラバンは、「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」と名付けられ、これからの自由な働き方に合わせて好きな場所でデスクワークができる「オフィスポッド」が組み合わされたカスタマイズモデルです。

 外観デザインは、フロント、リアのオーバーフェンダーに都会に立ちそびえるオフィスビルのようなボディグラフィックをあしらい、足元にはオールテレーンタイヤを装着することで、オンロードもオフロードもこなせるオールラウンダーを実現。

 これにより、自然豊かな場所に出向く際にはぬかるみなどを気にせず走行出来、到着したらオフィスポッドを引き出すことでどこでもオフィスが展開されます。

 一方、都会ではオフィスを車内に格納してプライベートで安全な空間、自然のなかではオフィスをバックゲートから引き出して広々とした開放的な空間を演出。

 また、仕事の合間にはゆったりとくつろげるよう、室内からアクセスできる贅沢なルーフバルコニーが用意されるなど、ON/OFFを1台で切り替えられる仕様です。

「2020年からテレワークや在宅勤務がキーワードが聞かれるようになり、これまで自分が働いていた環境が変わった人が多くいます。そのなかで、日産車を使って快適に仕事が出来る環境を提案できればと思い開発しました。

 オフィススペースを外に持ち出すコンセントをテーマにキャラバンが室内寸法を広く取れるということもあり、このキャラバンを使って自由に移動して好きなところで仕事が出来るというのが狙いです。

 オンとオフが一体となって自然と切り替えられるようにオフィスポッドには出来るだけ壁を無くして制作しています。これにより、自然のなかで風を感じることが出来ます。

 開発にあたり苦労というか工夫した部分は、限られた室内空間をどう活かすかという部分で、オフィスポッドが外に出た際にバッグドアに付いた天井部分が合体することで、室内で使用するよりも頭上空間に余裕が出来るところが知恵を絞った部分です」

※ ※ ※

 今回の「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」は、あくまでもカスタマイズモデルとなり、市販化は難しいといいます。

 しかし、昨今のテレワークに対応する市販版の提案として、カスタムショップのオグショーとのコラボレーションで誕生したカスタムカー「NV350 CARAVAN OGUshow ES MOBILITY CONCEPT」も登場しました。

 このモデルは、キャラバンをベースに、オグショーのオリジナルパーツ「ESパーツ」のコンセプトに準じたパーツ(すでに販売中のパーツも含む)と日産ディーラーオプション(参考出品)が装着されています。

 テレワークや車中泊など多彩な使い方が可能なオグショーのコンセントモデルですが、「電子シェード付サンバイザー」や「荷室の電子シェード」、「UV除菌グローブボックス」といったものや、日産の電気自動車「リーフ」のバッテリーを再利用した外部充電機も今後、製品化するといいます。

※ ※ ※

 先の見えない新型コロナ禍において、3密を避けるクルマでの移動は注目されています。

 そうした際に、少しでも快適に移動や仕事、そして遊びが出来るカスタマイズは今後も増えていくのかもしれません。

日産・NV350キャラバン のカタログ情報を見る

【画像】どこでも仕事…出来ますよ? そんな仕事好きにおすすめなキャラバンを見て!(49枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント