ドゥカティが電動キックボードをリリース! 日本の公道も走行可能?

ドゥカティが手がける電動キックボードが、さらに進化してアプリで管理できるようになった。欧州では便利なモビリティのようだが、果たして日本の公道で走行できるのだろうか。

ドゥカティ製キックボードがさらに使い勝手よくなった!

 イタリアのモーターサイクル・メーカー、ドゥカティから、エレクトリック・キックボードのニューモデルが登場し、2021年2月1日から販売が開始された。

ハンドル上には、3.5インチサイズのLEDディスプレイを装備。アプリによって充電情報や自車位置情報などを取得することができる
ハンドル上には、3.5インチサイズのLEDディスプレイを装備。アプリによって充電情報や自車位置情報などを取得することができる

 ドゥカティはこれまでにも、「ドゥカティ・コルセ」、「ドゥカティ」、「スクランブラー」の3ブランドから、各々に電動キックボードや電動アシスト自転車を発売した経緯がある。

 これらのプロジェクトは、エレクトリック・トランスポーターの開発において40年以上もの歴史を持つMTパフォーマンス社と、現在では同じVW&アウディ・グループに属するイタル・デザイン社との共同開発によって完成されたものであった。そして今回のニューモデルも、その事情は変わることはない。

「PRO−I EVO」と呼ばれるドゥカティの新型キックボードは、基本的にはファーストモデルとなった「PRO−I PRUS」、あるいは「PRO−II」の進化型と考えてよいだろう。全長1160mm、走行時の全高1160mmというボディは、持ち運び時にはハンドル部を折り畳んで全高を490mmにまで縮小することが可能となっている。

 第一報のリリースでは重量についての発表はなかったが、PRP−IIと同等と仮定すれば、バッテリーを搭載するだけに15kg強の重さになるだろう。折り畳んだとしても、持ち運ぶには少々負担となる重量だ。もっとも法規上恵まれているヨーロッパなどでは、電欠時などを除いて、自分でそれを持ち運ぶシチュエーションは限られたものとなり、それほど心配することもないようだ。

【画像】サーキット場で使いたい、セレブなキックボード(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント