ド迫力!? トヨタ「ハリアー」が超絶変化!? 二度見するカスタム仕様が爆誕へ

トヨタの人気SUVとなる「ハリアー」をド迫力のエアロパーツでカスタマイズ可能なボディキット「XH42」とは、どのようなエアロパーツなのでしょうか。

これがハリアー? 迫力フェイスに大幅イメチェン!

 2020年6月に登場したトヨタの現行「ハリアー」は、2021年2月時点でもグレードによっては約9か月以上も納車待ちが続く人気モデルです。
 
 先代モデルよりもさらにラグジュアリーなデザインとなったハリアーですが、そのデザインを大きく変化させるボディキットが登場しました。

トヨタ「ハリアー」が超絶変化!? ド迫力フェイスになるボディキット「XH42」
トヨタ「ハリアー」が超絶変化!? ド迫力フェイスになるボディキット「XH42」

 ハリアー用ボディキットの「XH42」は、山口県で新車や中古車、輸入車の販売をおこなっている株式会社シーザーが展開しています。

 カスタマイズパーツとしては、フロントバンパー、リアバンパーロアー、フェンダープロテクター、バックドアウイングの4点です。

 フロントバンパーは、このXH42からハチェット(斧)ラインとフィンをアルバーモボディーキットのシンボルとして取り入れたといいます。

 取り付け位置は、純正バンパーと同じ位置となるため、フロントバンパー下部の高さは純正と同じ位置で、純正フォグランプを再使用出来るようです。

 リアバンパーロアーは、限られた範囲(リアバンパーロアー)でバックビュー全体をシャープに見せたい為、厚みを限りなく薄くしディフューザーが際立つデザインを採用。

 フェンダープロテクターは、フェンダーアーチに合わせるのではなくボディーラインに合わせて製作しており、タイヤとフェンダー間の隙間を少しでも狭く見せるため、フェンダーアーチより1.0mm、場所によっては1.5mm下の位置にプロテクターの下部を配置しています。

 バックドアウイングは、中央の脚2本をボルトで固定し、両端の2本の脚はウイングがぶれないよう支える構造で、2本出しセンターマフラーは5ZIGEN製です。

 XH42のボディキットについて、製品担当者は次のように話します。

「製作するにあたり、フルバンパー、グリルレス、ヘッドライトラインを活かしたアグレッシブでスポーティーなものを製作しようと考えておりました」。

※ ※ ※

 ハリアーは、納車待ちが長く続くほど人気なモデルです。そのため、街中でも見かけることが増えてきました。

 そうした場合に、人とは異なるハリアーを求めるユーザーにとっての選択肢としては良いのかもしれません。

トヨタ・ハリアー のカタログ情報を見る

【画像】これがハリアー? イメチェン成功なド迫力・カスタムを見る!(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント