新型「ホンダe」をドラッグ仕様へ過激にカスタム!? 本気の2人乗り仕様が公開へ

ホンダアクセスは、オンライン開催される「東京オートサロン2021 バーチャルオートサロン」に2台のコンセプトモデルを出展することを発表しました。

新型「ホンダe」がドラックレース仕様へ変身!?

 ホンダ車の純正用品を手掛けるホンダアクセスは、2021年1月15日からオンライン開催される「東京オートサロン2021 バーチャルオートサロン」に2台のコンセプトモデルを出展することを発表しました。

ホンダアクセスがバーチャルオートサロンに出展する「K-CLIMB(ケイクライム)」(ベース車両:N-ONE RS)
ホンダアクセスがバーチャルオートサロンに出展する「K-CLIMB(ケイクライム)」(ベース車両:N-ONE RS)

 出展テーマは「 “オモシロイ”スポーツのコレマデとコレカラ」。これまでさまざまな純正用品を手掛けてきたノウハウをベースに、「スポーツ」にフォーカスをあてたうえで“オモシロイ”スポーツでの拡張性と可能性の拡大を提案する展示内容とします。

 そしてバーチャルオートサロンブースでは「オモシロクなきゃ!」をキャッチコピーに、「ホンダe」と「N-ONE RS」をベースとしたコンセプトモデルが展示されます。

 ホンダeをベースとした「e-DRAG(イードラッグ)」は、ピュアEVとしてドラックレースイベントへ参戦することを想定したコンセプトモデル。

「エコ/クリーンだけがEVじゃない! 真直ぐな走りを極める、モーターの底力を魅せる!」と謳い、後席シートを外して前席2シートをバケットシートに変更したほか、ホイール、サスペンションなどに手が加えられています。

 N-ONE RSをベースとした「K-CLIMB(ケイクライム)」は、ヒルクライムレースイベントへの参加を想定してカスタマイズ。

「パワーじゃない楽しさ、思い通り曲がる、軽の底力を魅せる!」車両とし、ロールケージが装着されたほか、フロントグリル、フロントリアバンパー、フェンダー、テールゲートスポイラー、ボンネットフード、ホイール、サスペンション、マフラーが変更されています。

 ホンダアクセスによると、これらのカスタマイズにあたっては「Modulo X」の開発で培われた空力と足回りのエッセンスが取り入れられているといいます。

 オンライン上でも「ワクワク、ドキドキ!」を体感できるホンダアクセスブースでは、コンセプトモデル2台のボディカラーをユーザー投票で決定する企画も開催されます。

 東京オートサロン2021 バーチャルオートサロンは、 1月15日午前9時から11月30日(予定)まで公開されます。

【画像】過激にカスタム! 新型「ホンダe」の超本気仕様が公開へ ベース車とあわせて画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント