7人乗り登場! 「グランドチェロキー」がデザイン一新してラグジュアリーに生まれ変わった

全面刷新されたジープ「グランドチェロキー」が、本国アメリカで発表された。5代目のグランドチェロキーでは、ついに3列シートモデルがラインナップされた。

グランドチェロキーLは、2021年大本命SUVとなるか!?

 2021年1月7日(現地時間)に、新たな「グランドチェロキーL」をジープが発表した。3列シート7人乗り仕様も加わったグランドチェロキーLの第一報をレポートする。

ジープ「グランドチェロキーL」は3列シートとなり、6人乗りと7人乗り仕様とが用意された
ジープ「グランドチェロキーL」は3列シートとなり、6人乗りと7人乗り仕様とが用意された

 第4世代のグランドチェロキーは、2011年モデルから販売されており、2021年には次期モデルが発表されるのではないかと予想されていた。中国ではすでに3列シート7人乗りの「グランドコマンダー」が2018年にデビューしているが、新世代のグランドチェロキーLも3列シートのフルサイズSUVへと進化した。

 北米では、グランドチェロキーLは、2021年第2四半期にデリバリーが開始される予定だ。また2列シートの「グランドチェロキー」と電動化バージョンの「グランドチェロキー4xe」は、2021年後半にデビューが予定されている。

 グランドチェロキーには、「ラレード」「リミテッド」「オーバーランド」「サミット」の4つのトリムが用意され、デトロイトの新たなマック工場で製造される。

 搭載されるエンジンは、V6とV8の2種類だ。まず、標準ではオールアルミ製の3.6リッター「ペンタスター」V型6気筒エンジンが搭載される。最高出力290ps、最大トルク348Nmを発揮し、ピークトルクの90%近くを1800rpm−6400rpmで得ることができるため、牽引などの際に扱いやすいエンジンとなっている。

 5.7リッターのV型8気筒エンジンは、鋳鉄ブロックとアルミシリンダーヘッドで構成されており、高速道路などでの巡航時には4気筒を停止する気筒休止システムも採用している。

 この気筒休止システムは、先代よりも幅広い領域で作動するよう改められており、オン/オフの切り替えがドライバーには気付かれないほどのマナーを手に入れている。これにより燃費を5%から20%向上させることが可能となっている。

 V6/V8ともに、組み合わされるトランスミッションは、8速ATとなる。

【画像】高級感マシマシの「グランドチェロキーL」とは(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント