レクサス新型「LS」はどんな最上級セダン? 個性派「Z型ライト」からどう進化したのか

レクサスは新型「LS」を2020年11月19日に発売しました。マイナーチェンジを受けた新型モデルは、従来型からどのような点が進化したのでしょうか。

レクサス最新のシルバー「銀影ラスター」を新設定

 レクサスはマイナーチェンジを受けた新型「LS」を2020年11月19日に発売しました。LSの現行モデルは2017年に登場。今回のマイナーチェンジは現行モデルとして初となります。

 デザインが刷新されたほか、さまざまな新技術も搭載された新型LSは、具体的にどのような部分が進化したのでしょうか。

レクサス新型「LS」
レクサス新型「LS」

 新型LSは、現行型LSが持つクーペシルエットのスポーティなデザインはそのままに、フロントフェイスに大きく手が加えられました。

 従来型では鋭く個性的なデザインのZ型ヘッドライトが採用されていたのに対し、新型ではシャープさは維持しつつもシンプルなデザインに変更。

 また、フロントバンパーコーナー部に縦基調のキャラクターラインを配し、オーバーハングが短く見える意匠とすることで、上質な走りを予感させるデザインとしました。

 サブラジエーターグリルをスクエアな形状に変更したほか、加えてスピンドルグリルのメッシュカラーにダークメタリックを採用。

 テールランプ内のメッキモールはピアノブラックが配され、精悍かつ存在感あるデザインを実現しています。

 ボディカラーには、新規開発色「銀影ラスター」が設定されました。

 レクサス最新のシルバーとして、光輝材を含んだ塗料の体積を凝縮させる「ソニック工法」を応用。蒸着アルミを高密度で敷き詰める最新の塗装技術を採用したことで、滑らかな質感を実現し、周囲の光の変化にあわせてさまざまな表情を見せます。

 内装では、マルチメディアシステムがタッチ操作に対応したほか、スマートフォンとの連携に対応したことが大きな変化となります。SmartDeviceLinkやApple CarPlay、Android Autoに対応し、各種アプリを車内で安全に使うことが可能です。

 またオーナメントにプラチナ箔&西陣を新規設定。西陣織の銀糸やプラチナ箔の輝きにより、月明りに照らされた波の揺らぎによる「月の道」を表現しています。

【画像】レクサス最上級セダンの存在感! スポーティな新型「LS」を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント