ホンダ新型軽「N-ONE」発表! FF軽初のターボ×6速MT仕様もある個性派モデルが発進!

ホンダは新型「N-ONE」を2020年11月20日に発売します。Nシリーズの最新モデルとなりますが、いったいどんな軽自動車なのでしょうか。

FF軽自動車初のターボ×6速MT仕様を設定!

 ホンダは新型軽自動車「N-ONE」を2020年11月19日に発表、翌20日に発売します。
 
 2代目となる新型N-ONEは、同社の「N-BOX」や「N-WGN」などで構成される「Nシリーズ」の最新モデルとして登場しますが、いったいどんなモデルなのでしょうか。

ホンダ新型「N-ONE」
ホンダ新型「N-ONE」

 N-ONEの初代モデルは2012年に登場。デザインはホンダ初の軽乗用車「N360」をモチーフとし、時代の変化にとらわれないタイムレスなデザインが特徴のプレミアム感のある軽自動車でした。

 今回登場した新型N-ONEは、初代N-ONEのデザインを構成する「丸・四角・台形」を基本のかたちと定め、安心感と走る楽しさを感じられるデザインを追求。

 日々の生活に溶け込み、かつ飽きが来ない、末永く愛せるクルマを目指して開発されました。

 外観は、バンパーやグリルを垂直に立て、そしてバンパー下部を踏ん張り感のあるデザインとすることで、前進感を演出。彫りの深いヘッドライトも特徴です。リアもワイド感のあるデザインとすることで、どこから見ても安定感のあるデザインを実現しています。

 内装は、水平基調な形状のインストルメントパネルを採用。充電用USBジャックや各種収納も使いやすい位置にレイアウトされています。

 フロントにはセパレートシートを装備し、シートの間にさっと荷物を置くことも可能としました。また、軽自動車初のリアシートリマインダーを採用し、荷物の置き忘れの注意喚起がメーターに表示されます。

 搭載されるエンジンは自然吸気とターボの2仕様が設定されました。トランスミッションはCVTだけでなく、「RS」グレードでは6速MTも選択できます。ターボエンジンと6速MTの組み合わせはFFの軽自動車では初です。

 安全面では、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能、渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(6速MT車では渋滞追従機能は無し)など10の機能で構成される運転支援システム「ホンダセンシング」が、全グレードに標準装備されます。

 またオートブレーキホールド機能や、電子制御パーキングブレーキ、クルマ後方の障害物を検知するパーキングセンサーシステムなど、ドライバーの安心感を高める装備も充実しています。

 新型N-ONEのグレードは、自然吸気仕様の「オリジナル」「プレミアム」、そしてターボ仕様の「プレミアムツアラー」「RS」の全4グレード展開。車両価格(消費税込)は、159万9400円から202万2900円です。

【画像】レトロで愛嬌たっぷり! ホンダ新型「N-ONE」実車を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント