10年ぶりの新規車!? 日産「キックス」はライバルと違う魅力があった?

2020年6月に発売された日産新型「キックス」。全車にe-POWERとプロパイロットを搭載することが大きな話題となりましたが、実際のオーナーが感じる魅力とはなんなのでしょうか。

キックスはすぅ~と走ります。

 日産が2020年6月30日に発売したコンパクトSUVの新型「キックス」は、日本市場において日産が10年ぶりに投入するブランニューモデルです。
 
 全車で日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載しているモデルですが、実際のオーナーは、どのような部分を気に入っているのでしょうか。

待望の新型SUV「キックス」 。コンパクトSUVのなかでは異色な設定!?
待望の新型SUV「キックス」 。コンパクトSUVのなかでは異色な設定!?

 キックスは、2016年から南米や北米、南アジアなどを中心に展開されるグローバルモデルとして販売され、国や地域によってガソリン車や4WD仕様が設定されています。

 一方の日本市場では、ガソリン車や4WD仕様を設定せず、全車e-POWER搭載車かつ2WD仕様のみで販売されました。

 同じくe-POWERを搭載する「ノート」や「セレナ」では、販売される約7割のユーザーがe-POWERを選ぶということもあり、キックスではe-POWER(2WD)のみとしたと日産は説明しています。

 日本自動車販売協会連合会が発表している2020年10月度の販売台数は、3542台の17位にランクイン。

 なお、発売当時の生産台数は月間3000台程度を想定していましたが、予想以上の反響により、11月上旬時点の納期は3か月待ちの状態。これによって今後は増産体制を図るため、月間販売台数は大幅に伸びることが予想されます。

 キックスの外観デザインは、フロントフェイスに「ダブルVモーショングリル」や、特徴的な「フローティングルーフ」を採用。これにより、先進的なデザインとなっています。

 ボディカラーはモノトーン9色+ツートーン4色を設定。ルーフに「ピュアブラック」に彩られているツートンカラーは、全体的に引き締まった印象を与えます。

 コンパクトSUVながら使い勝手も考えられており、ラゲッジ容量は、コンパクトSUVのなかでもトップクラスです。

 ラゲッジルーム部分だけでも900mmの奥行きを持つため、大型のスーツケースを2つ積み込めます。

 パワートレインは、1.2リッター3気筒エンジンを発電用に搭載し、モーターで駆動する「シリーズハイブリッド方式」を採用しています。

 また、ノート e-POWERに採用されているシステムと比べ、出力が最大約20%程度向上しているため、中低速トルクが高く、発進時や坂道でもストレスなく走行可能です。

 さらに、日産が誇る運転支援技術「プロパイロット」を全車に標準装備。

 これは、ミリ波レーダーによって周りの状況を把握し、ドライバーの運転をサポートしてくれるシステムです。また、歩行者対応の自動ブレーキや、自動でライトがハイビームやロービームに切り替わる「ハイビームアシスト」などもあります。

 グレード体系は、エントリーモデルの「X」、よりカラフルな内装カラーを選べる「X ツートーンインテリアエディション」の2種類が設定されています。

 価格は、「X」グレードが275万9900円、「X ツートーンインテリアエディション」が286万9900円です。

【画像】あら、かっこいいじゃん! イケメンキックスを見る(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 海外のキックスですが1.5、1.6Lのガソリン車、
    2WDのみかと思ってたおりました。
    記事には4WDがあるとの事ですが、
    私が調べた限りどこの国かわかりません。

    4WD設定があるのならどこの国の仕様か
    日産HPのURLを貼って教えて下さい