1000馬力!! 「ラ フェラーリ」より速い「SF90スパイダー」が誕生!

量産型スーパースポーツの基準を塗り替えたフェラーリ「SF90ストラダーレ」に、オープンでモルである「SF90スパイダー」がラインナップされた。まずはその第一報をレポートしよう。

0−100km/h加速2.5秒という俊足スパイダー

 2020年11月12日、フェラーリは「SF90ストラダーレ」のスパイダーバージョンである「SF90スパイダー」を、特別なデジタルイベントで披露した。

 このスペシャル・オンラインイベントにおいて、新モデルの革新的な特徴や開発に関する詳細な情報が、世界中のフェラリスタに伝えられることとなった。

量産型スパイダーとしてはライバルの追随を許さないフェラーリ「SF90スパイダー」
量産型スパイダーとしてはライバルの追随を許さないフェラーリ「SF90スパイダー」

 プロダクション・プラグイン・ハイブリッドであるSF90ストラダーレのオープンモデルであるSF90スパイダーには、「458スパイダー」から採用されているリトラクタブル・ハードトップ(RHT)が採用された。

 RHTは、クローズド時にはノイズを遮断して風雨から乗員を守り、高速走行中も風圧などで変形することなく素晴らしい車内空間と快適性を提供することが可能だ。

 また、きわめて軽量・コンパクトでシンプルなため、わずか14秒で開閉し、走行中でも開閉が可能となっている。

 フェラーリのRHTは、2011年に登場した「458スパイダー」以来、絶えず進化を続けており、一般的システムでは150から200リッターを必要とする格納スペースが、わずか100リッターで済むことようになった。

 また、アルミニウム製であるため、一般的なリトラクタブル・ハードトップより約40kgも軽量となっている。さらに、調整可能な電動リアウインドウによって、ルーフを開いての高速走行中でも、風の巻き込みを抑え抜群の快適性が保証されている。

 SF90ストラダーレは3990ccのV型8気筒ターボエンジンをリアミッドに搭載。エンジン単体では780psの最高出力を誇るが、リアに1基、フロントに2基ある電気モーターとの合計最高出力は1000psを誇り、0−100km/h加速2.5秒、最高速度340km/hという他の量産型スパイダーをまったく寄せ付けないレベルのパフォーマンスを実現している。

●サーキットスペシャルもラインナップ

 SF90ストラダーレと同様にSF90スパイダーでも、サーキット走行車両としての機能を極限にまで高めた追加のオプション仕様である「Assetto Fioranoパック」が用意された。

 Assetto Fioranoパックは、標準仕様とは大きく異なる専用のアップグレードが含まれている。その最たるものが、フェラーリのGTレースでの経験から生まれ、サーキット走行に最適化されたマルチマチック・ショックアブゾーバーである。

 さらに、高性能素材(カーボンファイバーやチタンなど)を使用することで、車重を21kgもダイエットしており、リアスポイラーもカーボンファイバー製となる。

 また、タイヤは公道走行も可能なミシュラン製パイロット・スポーツ・カップ2で、コンパウンドを柔らかくし溝を減らして、サーキットのドライ路面でのパフォーマンスを向上させている。Assetto Fioranoパックには2トーンの特別塗装もオプションで用意されており、サーキット仕様であることをさらに強調することが可能だ。

 ちなみに、日本における車両価格ならびに日本への導入時期などについては、まだアナウンスされていない。

【画像】「ラ フェラーリ」より速い「SF90スパイダー」とは(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント