2021年型レクサス「LS500」「LS500h」発表 レクサスブランドの新基準となる!?

レクサスは2020年11月11日、米国で「LS500」と「LS500h」の2021年モデルを発表しました。

インテリアの静粛性と快適性のレベルが向上

 レクサスは米国で、「LS500」と「LS500h」の2021年モデルを発表。2020年11月下旬にデリバリーを開始します。

レクサス「LS500F SPORTS」2021年モデル
レクサス「LS500F SPORTS」2021年モデル

 初代「LS」(日本名「セルシオ」)は、レクサスブランドの形成を支援するという目標を掲げて1989年にデビューし、卓越した静粛性と快適性から高い評価を得て、レクサスの基盤を築きました。

 最高ブランド責任者兼マスタードライバーの豊田章男氏は、LSを「常に革新の精神と時代に新しい技術と価値を提供することで変革をもたらすモデル」として、すべての世代で位置づけています。

 そんなLSの2021年モデルは、2018年に発売された5代目LSをベースとし、すでに強力なダイナミックパッケージに、さらなる改良とテクノロジーを追加することを目指しました。

 そして、レクサスドライビングシグネチャーとして知られるデザインに、今後の車両開発と改良の新しい基準を設定することを目指す、新しい哲学的変更を取り入れています。

 2021年モデルのレクサスエンジニアは、LSセダンの快適性、静粛性、全体的な洗練度を高めることに焦点を当てました。

 細かいチューニングやコンポーネントの更新、およびコントロールサーフェスのアップグレードを適用することで、レクサス製品の新しい車両制御やバランスの基準を構築し、ドライバーからの信頼を得ることに貢献。

 レクサスインターナショナルプレジデントの佐藤浩二氏は、「LSはフラッグシップとして、常に革新を追求し、顧客に新しい技術と価値を提供してきました。新しいLSの開発において、私たちは初代モデル以来、絶え間なく続いてきた並外れた静粛性と快適性の進化を促進しました」と述べています。

 レクサスGA-Lプラットフォームで定義されているLSのダイナミックな特性により、LSはこれまででもっとも有能なセダンのフラッグシップとなりました。操縦面の微妙な調整として、ステアリングとブレーキのコントロールに落ち着きを与え、ドライバーからの信頼を高めることに貢献しています。

 最新のLSの主な改良点は、サスペンションとシャシのチューニングを進化させ、現在のモデルのダイナミックな特性を犠牲にすることなく、よりスムーズで快適な乗り心地を実現している点です。

 サスペンションは、減衰性能を改善するために改訂されたスプリングとダンパーレートを採用。車体のロールを制御するために、フロントとリアのスタビライザーの直径が最適化されています。

 また、しなやかさとハンドリングの安定性を高めるために、アダプティブバリアブルサスペンション(AVS)に、改良されたリニアソレノイドと制御バルブを採用し、内部流路を拡大することで減衰力が低く抑えられています。

 さらに、LSに設定される車高調整可能なエアサスペンションの機能が強化され、乗降性が向上されました。

【画像】静寂性と快適性が向上した2021年型レクサス「LS500」「LS500h」を画像で見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント