日産の小型セダンがカッコイイ! 「ヴァーサ」2021年モデル発売

日産が北米で販売しているコンパクトセダン「ヴァーサ」の2021年モデルが発売されました。最新バージョンはどのようなモデルなのでしょうか。

日産デザインをふんだんに盛り込んだ「ヴァーサ」

 日産の北米部門は、コンパクトセダン「ヴァーサ」の2021年モデルを発表。2020年11月6日より発売されました。

日産「ヴァーサ 2021年モデル」
日産「ヴァーサ 2021年モデル」

 現行ヴァーサは3代目モデルで、2019年4月に登場。今回発売されたヴァーサ 2021年モデルは、表情豊かなエクステリアと、クラストップレベルの機能と品質を備えたインテリアが特徴です。

 外観はVモーショングリルやブーメラン型のヘッドランプとテールランプ、キックアップCピラー、フローティングルーフなど、日産ならではのスタイリング要素を取り入れました。

 2021年モデルでは、「S/SV」に加え、スポーティな「SR」の3モデルを設定。SRは、17インチアルミホイールやLEDヘッドライト、フォグランプなどのスポーティな装備を追加しています。

 内装は、「グライディングウイング」と呼ばれるインパネデザインを採用。

 クラス最高レベルのフロントレッグルームやスポーティなD字型ステアリングホイール、7.0インチのフローティングタッチスクリーンオーディオディスプレイ、リモートキーレスエントリー、プッシュボタンスタートなどを装備しています。

 さらに、フロントシートヒーター、オートマチック・クライメート・コントロール、インテリジェント・クルーズ・コントロールを装備した「SRコンビニエンス・パッケージ」を選択することができます。

 なお、リアシートは6:4分割可倒式とし、大きな荷物を積載することもできます。

 搭載されるエンジンは、従来モデルから引き続き122hpを発生する1.6リッター4気筒エンジンで、トランスミッションはエクストロニックCVTまたは5速MTが組み合わされています。

 さらに予防安全装備として、「日産セーフティシールド 360」を「SV/SR」グレードに標準装備しました。

 日産セーフティシールド 360には、歩行者検知機能付き自動緊急ブレーキ、リア自動ブレーキ、車線逸脱警報、ハイビームアシスト、ブラインドスポット警報、リアクロストラフィックアラートが含まれています。

 そのほか、「インテリジェント・ドライバー・アラートネス」や「インテリジェント・クルーズ・コントロール」などが設定されました。

 ヴァーサ 2021年モデルの価格は、1万4930ドルから1万8340ドル、日本円で約154万円から約189万円です。

【画像】日本では売ってない! 日産「ヴァーサ 2021年モデル」とは?(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. どうせこの記事にも「二十歳で工場長」が文句をつけるのでしょうね。
    構造云々がどうであれ素直に新型セダンの登場を喜びたいものです。

  2. 日産のコンパクトセダン、ヴァーサの'21年モデルです。日本でも導入されて欲しい1台です。日本でも、トヨタカローラセダンの販売が好調されています。タイでは、日産のコンパクトセダン、アルメーラが生産・販売されています。SUVヤングミニバンだけではモノ足りないです。日本でも、日産のセダンを復活して欲しい位です。日本でも是非、日産のセダンを宜しくお願い致します。

  3. 日本に導入し、サニーとして復活させたらある程度の数は売れると思います。

  4. 国内じゃセダンは厳しいだろうが、ステーションワゴンならいけるかも。

  5. 日本でも売ってたティーダラティオの後継的扱い。北米だと最小サイズセダンかな。メインは主にタイ等の新興国でしょうな(タイ名:アルメーラ、1L3気筒ターボ+CVT)。

    日系の競合は、ホンダシティ(グレイス後継?)、トヨタヴィオス/ヤリスATIV(ベルタの末裔?)、三菱アトラージュ(ミラージュのセダン版)かな。

    タイだと若い人が頑張れば買えるセダンとして人気みたい、それでも50万バーツ(約175万円)~で、これは日本人が約5~600万円のクラウンを買う感覚?