過去に100万円の値引きも!? トヨタ「アクア」やスズキ「ソリオ」は今が狙い目? 小型車の最新事情

最近では、トヨタ「ライズ」「ヤリス」「ヤリスクロス」やホンダ「フィット」といったコンパクトモデルが続々と登場しています。そんななか、かつて絶大な人気を誇ったトヨタ「アクア」などは、値引きやオプション対応などでお得に購入出来る可能性があるといいます。

新型モデルに押されるも、大幅値引きで勝負?

 2020年度上半期(4月から9月)では、新車販売台数ランキングトップ10のうち半分をコンパクトカーが占めています。
 
 まさに「コンパクトカー戦国時代」ともいえますが、かつて売れ筋だったモデルの現在はどうなっているのでしょうか。

ヤリスやカローラ人気に押され気味? かつての燃費王者「アクア」は今が狙い目?
ヤリスやカローラ人気に押され気味? かつての燃費王者「アクア」は今が狙い目?

 この上半期でトップに輝いたのは、トヨタのコンパクトカー「ヤリス」です。これまで「ヴィッツ」として販売されたモデルが名前を変えたほか、2020年8月にコンパクトSUV「ヤリスクロス」、9月に「GRヤリス」を加えてヤリスシリーズとしてラインナップされています。

 次いで、2位にコンパクトSUVのトヨタ「ライズ」、4位にホンダ「フィット」、6位にトヨタ「ルーミー」、9位に日産「ノート」と、合計で5車種のコンパクトカーがランクイン。

 では、コンパクトカー戦国時代と呼ばれるほど各モデルがしのぎを削るなか、かつての売れ筋モデルはどうでしょうか。

 数年前までトップ10の常連車種であったトヨタ「アクア」は14位となっています。世界トップクラスの燃費性能をセールスポイントとしていましたが、ヤリスにその座を奪われてしまったことから、販売が伸び悩んでいます。

 また、トヨタではダイハツ「ブーン」のOEM車である「パッソ」も、かつてはトップ10入りする人気車種でしたが、現在は20位と大きく順位を落としています。

 かつての売れ筋であったアクアとパッソの現在について、あるトヨタの販売店スタッフは以下のように話します。

「現在は新型モデルが販売の中心ですので、アクアやパッソは『売れ筋』とはいえなくなりました。しかし、セカンドカーとしてや値引き前提での需要は今でも高いため、一定数の販売はあります。

 とくに、値引きに関しては非常に柔軟に対応することができます。細かいオプションや下取りなどの関係から一概に値引き額はお伝えできませんが、先日は実際に50万円近い値引きをおこなった例もあります。

 新型モデルよりも装備や性能で劣ることは否めませんが、オプションをたくさん装備すれば今でも十分に高性能車といえるモデルもありますので、狙い目であることは間違いありません」

※ ※ ※

 新型モデルとモデル末期車で大きく差が出るポイントとしては、安全装備が挙げられます。アクアでいえば「Toyota Safety Sense」は最上級グレードのみにしか標準装備されていません。

 しかし、最上級と最安グレードの価格差はおよそ30万円ですから、交渉次第では同価格かそれ以下まで値引きが見込めるかもしれません。

 また、同スタッフによれば、パッソでは過去に下取りを含め100万円近い値引きをおこなった例もあるとのことで、こちらも大幅値引きが見込めそうです。

 新型車人気の影に隠れるものの、価格を抑えることでモデル末期ならではの需要があるようでした。

【画像】アクアは今が狙い目!? まだまだイケてる姿を見る!(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. コンパクトカー戦国時代というか、無理なく買える200万代の車を探すと、軽かコンパクトカーしか無いからでは?

  2. 値引き無しで30万しか利益ないのにこんな値引きできません。こんなウソネタやめてほしい