トヨタ新型「ミライ」は欧州車に匹敵する走りの良さ!? 運転が楽しいエコカーの全容とは

トヨタは新型「ミライ」の新たな情報を公開しました。2020年12月の登場に向けて期待が高まります。

優れた走行性能を予感させるワイド&ローなスタイル

 トヨタは新型「ミライ」を2020年12月に発売します。世界初のセダン型量産燃料電池車であるミライは、初のフルモデルチェンジでどのような進化を遂げたのでしょうか。

走って楽しいエコカー! 新型「ミライ」の全容とは
走って楽しいエコカー! 新型「ミライ」の全容とは

 新型ミライは、TNGA GA-Lプラットフォームを採用し、駆動輪は後輪、乗車定員は5名というパッケージングです。

 初代ミライと比べて全長は+85mmの4975mm、全幅は+70mmの1885mm、全高は-65mmの1475mmとし、ボディのワイド感が強調された踏ん張り感のあるプロポーションとしました。

 台形のロアグリル下端にはメッキモールが配され、品の良い高級感を演出します。

 サイドビューはリアタイヤを起点にボディ前方へ向かって絞り込まれるスポーティなフォルムとし、空気の流れも考慮。リアは、フロントと同様に張り出したコーナーが特徴的なデザインで、低重心さが強調されました。

 テールライトは、トヨタのミドルサイズSUV「ハリアー」でも見られる、トヨタのシンボルマークを跨いで横一文字に伸びるデザインです。

 内装は、左右非対称なデザインのインパネを採用。包まれ感のある運転席側と、拡がり感のある助手席側で、ダイナミックに変化しているデザインです。

 ドライバーの前方の8.0インチTFTカラーメーターは、12.3インチの大型センターディスプレイと一体感のあるデザイン。大型カラーヘッドアップディスプレイとあわせて、必要な情報を効率的にドライバーへ伝えます。

 2人掛けだった初代ミライのリアシートに対し、新型ミライは3人掛けのリアシートを採用。ボディサイズの拡大により余裕ができたことで、より一層快適に過ごせる空間となっています。

 エアコンの温度を設定するだけで乗員ひとりひとりに心地よい空調環境を提供するオールオート機能や、快適温熱シート、シートベンチレーション機能により、車内はいつも快適です。

【画像】走りのFCV!? トヨタ新型「ミライ」は外観もスゴい! 実車を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント