「これは凄い!」トヨタ新型「ミライ」の完成度高し! センチュリー並みの高級セダン

2020年末頃の発売を予定しているトヨタの燃料電池車(FCV)の新型「ミライ」。ひと足先にサーキット試乗を体感した辛口評論家・国沢光宏氏は「凄い凄い!」とベタ褒めの様子ですが、その理由とはなんなのでしょうか。

新型「MIRAI」のポテンシャルはクラウン以上ややセンチュリー未満?

 トヨタ新型「MIRAI」のプロトタイプ試乗会がおこなわれたのだけれど、舞台は富士スピードウェイのショートサーキット。

 燃料電池車といえばECOカーというイメージながら、トヨタによれば「魅力的なクルマを作りました。燃料電池だってしっかり走れないと認められないと思います」。それなら遠慮せず思い切り走ってみましょう。

ただのECOカーではない!? 新型「MIRAI」は何もかもが凄かった!
ただのECOカーではない!? 新型「MIRAI」は何もかもが凄かった!

 ということでクルマの説明は試乗レポートに折り込みます。ドライバーズシートに座ると、何から何まで普通。

 従来型MIRAIの場合、燃料電池をシートの下に搭載していたため、乗るとポジションが高くて違和感ありました。

 プッシュボタンで起動させるとまったく音がしない。従来型はボタン押すと「カタン」とか「シュッシュッ!」みたいな音を出す。

 Dレンジをセレクトして走り出すと「あらま!」と思うくらいスムース&滑らかです。

 考えてみたらプラットフォームはレクサス「LS」を使っている。大きな容量の燃料タンクを搭載するためトヨタで一番大きなプラットフォームを選んだらLSになったとのこと。

 当然ながらコスト掛かっているが、上質感も自動的に付いてくる。超絶静かです。

 コース確認を兼ねてゆっくりと1ラップすると「凄い凄い!」。静かさと滑らかさと快適さは「センチュリー」にこそ少し届かないまでも、レクサスを含めトヨタでもっとも優れているレベル。

 従来型MIRAIは「SAI」のプラットフォームを使っていたためFFのミドルクラスの質感だったけれど、新型MIRAIは「クラウン」を圧倒しますね。かつての「セルシオ」のようなポジションです。

 乗り心地も素晴らしい。普通の金属バネを使うサスペンションながら、しっかり減衰力出ているダンパーと組み合わせているため、しなやかによく動く。カドの無い良い乗り心地です。

 センチュリーで叩かれている兵庫県知事は、ぜひ新型MIRAIを試して欲しい。このクルマならECOだし乗り心地はセンチュリーに匹敵する。

【画像】凄いよコレ! 新型MIRAIが激アツ! ささっと写真を見る!(45枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. そう言えばLSだw正面はヤリスクロスだ!
    しかし何かとセンチュリーを基準にするあたりはセンチュリーは良いのかね?
    傑作視線なら先代のV12とか、それ以前の5VZエンジンのセンチュリーのほうが?とも思うけどね。
    しかし今のLSかなりデカいよw

  2. フェイクュースを重ねてYahoo!ニュース個人から追い出された国沢光宏が書いた記事。

  3. なんで今さらセダンにするかなぁ。
    実用性を考えればステーションワゴンでしょう。

    • 実用性を考えたらSUVだろ

  4. 知事これ買え

  5. 知事はこれ買えば?

  6. フォルムは良いけど顔がダサイ。
    質感向上&センチュリー並み?って表題でしたが・・・ 後部座席狭いのと装備が ショボい。
    質感はカムリ程度かと思う。

  7. よくもヌケヌケとセンチュリーと知事を引き合いに出してさ(笑)、あの知事がセンチュリーを選んだ基準はTOYOTA召し抱えの君ら評論家等のTOYOTA様々のスカスカ評論の賜物だよ。

    • アルファードだったら怒られなかったのにね

  8. 実用性を考えたらSUVだろ

  9. 車名こそ「MIRAI」なのに、デザインは「FURUI」

    レクサスの糸巻きグリルも超絶ダッセーけど、「TOYOTAはフェイスの造形がヘン」って思ってないのかな
    しかも日本市場では死に体のセダンて…

    シャシーは共通で、セダン・SUV・ミニバンと内装も共通で、3タイプのボディを作れなかったか。。。