トヨタ「ヤリス」の気になる部分はどこ? オーナーが感じる「良し悪し」とは

発売から瞬く間にコンパクトカー人気ナンバーワンとなったトヨタ「ヤリス」ですが、実際のオーナーは、どこが気に入り、どこがイマイチと思っているのでしょうか。

先代ヴィッツから見事にバトンを引き継いだヤリス

 トヨタのコンパクトカーとして2020年2月に登場した「ヤリス」は、先代モデル「ヴィッツ」から車名を変更したモデルです。
 
 実際のオーナーは、どこが気に入り、どこがイマイチと思っているのでしょうか。

人気No.1となったトヨタ新型「ヤリス」。オーナーからの評価はどう?
人気No.1となったトヨタ新型「ヤリス」。オーナーからの評価はどう?

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表した普通車の新車販売台数ランキングによると、2020年4月以降は6月こそ同じトヨタの「ライズ」に1位を譲るものの、それ以外の月では販売台数1位を記録しています。

 また、市場全体で新車販売台数が大きく落ち込んだコロナ禍において、普通車で月間販売台数1万台以上をキープし続けている唯一のモデルです。

 ヤリスは、ヴィッツの特徴であった居住空間の広さや、使い勝手の良さなど、万人受けするような路線から変更され、現代のトヨタらしい細部までこだわり抜かれたデザインや走りを追求したモデルになります。

 路線変更により人気が下がるリスクもありましたが、幅広いユーザーのニーズに応えるために豊富なバリエーションを用意した効果もあり、さらに多くのユーザーを獲得する結果となりました。

 搭載されるパワートレインは、1リッター/1.5リッターのガソリン車、1.5リッター+モーターのハイブリッド車という3種類を設定。駆動方式はグレードによって2WD/4WDが用意され、ハイブリッド車にはE-Four(電気式4WD)が採用されています。

 トランスミッションもグレードにより異なり、ガソリン車はCVTを中心に6速MTも設定。ハイブリッド車には電気式無段変速機が搭載されました。

 また、ヤリスの燃費性能は、ガソリン車が19.2km/Lから21.6km/L、ハイブリッド車が30.2km/Lから36.0km/Lとなり、この36.0km/Lは、WLTCモードにおいて世界トップクラスとなるなど、ヤリス最大のアピールポイントともいえます。

 さらに、トヨタ初の機能として駐車をスムーズにする高度駐車支援システム「アドバンストパーク」を採用。これは、カメラとソナーによりステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車完了までアシストします。

 グレードは、エントリーモデル「X」、中間モデル「G」、上位モデル「Z」と3種類が設定されているため、ユーザーの指向に沿った選択がしやすくなっています。

 新車価格は、ガソリン車が139万5000円から212万4000円、ハイブリッド車が199万8000円から249万3000円です。

 また、2020年8月にはヤリスと同じプラットフォームを用いるコンパクトSUV「ヤリスクロス」も登場し、さらにユーザー層が広がりつつあります。

 加えて、トヨタは2020年5月より全店舗で全車種の併売を開始しており、販売店同士でも競合が発生しているようです。

 そのため、同じヤリスでも店舗ごとに異なる値引き交渉も可能とのことで、人気車種でありながら、お得に購入しやすいモデルとも考えられます。

【画像】爆売れする理由はどこに? ヤリスの魅力をささっと見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント