左ハンの「R34GT-R」があった!? ドバイで発見された超激レア車の正体

日産「スカイラインGT-R」の第二世代とされるR32型、R33型、R34型は日本のみならず世界で人気のモデルですが、基本的に日本仕様となる右ハンドルモデルしか存在していません。しかし、現在中東・ドバイで左ハンドルモデルが販売されているようです。

海外仕様が存在しないはずのR34だけど…

 日本が世界に誇るスポーツカーである日産「スカイラインGT-R」。海外仕様は、ほとんど存在しないといわれています。そんななか、R34型の左ハンドル仕様がドバイで販売されています。

超極上!? 約1420万円の左ハンドル仕様「R34」。海外マニアからすれば安い買い物?(Copyright c JamesEdition.com)
超極上!? 約1420万円の左ハンドル仕様「R34」。海外マニアからすれば安い買い物?(Copyright c JamesEdition.com)

 日本のスポーツカーは、世界でも人気の高いジャンルのひとつです。グローバル化が進む昨今では、トヨタ「86」や「スープラ」のように世界中で販売されるのが一般的ですが、モデルによっては基本的に日本でしか販売されていないものもあります。

 その代表格が「スカイラインGT-R」です。R35型と呼ばれる現行「GT-R」は発売当初から海外でも販売されていますが、それ以前は基本的に国内のみでしか販売されていません。

 とくに人気が高いのがいわゆるR34型と呼ばれる、1999年から2002年にかけて販売されたモデルです。

 国内での人気はもちろん、映画「ワイルド・スピード」シリーズで主人公の愛車として登場したことから、世界的にも人気の高いモデルとなっています。

 一方、前述の通り基本的には国内仕様しか存在しないことから、左ハンドル仕様車はほぼ存在しません。

 左側通行の日本では右ハンドルが一般的ですが、左ハンドルでも問題なくクルマを走らせることができます。

 しかし、アメリカのように左ハンドル以外のクルマをそもそも走らせることができない国も多く、そうした国ではスカイラインGT-Rを登録することができません。

 にもかかわらず、中東ドバイの中古車販売店では左ハンドル仕様のスカイラインGT-Rが販売されています。これはどういうことなのでしょうか。

【画像】R34の左ハン仕様!? 超レアな極上モデルをささっと見る!(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. V型?

    • 直6ですよね!

    • R34は直6です
      V6はR35ですね

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  2. はっ?V型?直直6だろ?

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  3.  以前、34GTRが盗難に、あいました。すぐ34GTRのVスペⅡを購入しました。その時、セキュリティを付けに行ったら、雑誌を見つけました。なんと、ドバイには、右ハンドルを左ハンドルに改造する、秘密工場がある事を知り、なんと本に載っていた34は、僕の愛車でした。まだ他の日本車も、写っていました。県警に行きましたが、治外法権との事で、泣き寝入りでした。でも今は、34.35と2台所有です。セキュリティもバッチリです。

  4. コメントしている皆さんのおっしゃる通り、RB26DETTは直列6気筒です!
    ちゃんとした記事書きましょうね!

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。