ひと目見れば「レクサス」とわかる!? 大きな「スピンドルグリル」が高級車の証!

トヨタが展開する高級ブランドのレクサスは、「スピンドルグリル」と呼ばれる特徴的なフロントマスクで統一されています。このスピンドルグリルとは、どのようなものなのでしょうか。

レクサスの象徴「スピンドルグリル」とは?

 1989年に北米から導入が開始されたレクサスは、トヨタが展開する高級ブランドです。

 日本国内での販売は2005年からと、北米より16年遅れでの上陸となりましたが、いまでは国内導入から15年が経過し、高級ブランドとしてすっかり定着しました。

レクサスブランドを象徴する「スピンドルグリル」
レクサスブランドを象徴する「スピンドルグリル」

 レクサスといえば高級感のある内外装が特徴で、とくに外観は「スピンドルグリル」と呼ばれる糸巻きの形をモチーフにした大きなグリルを装着しています。

 このスピンドルグリルによってダイナミックな外観を実現。現在ではすべてのモデルがスピンドルグリルに統一され、ひと目見ればレクサス車であることがわかるというわけです。

 それではここでクイズです。

 2019年4月に開催された中国・上海国際モーターショーで世界初公開された、レクサスブランド向けの大型ミニバンの名称はどれですか。

【1】LY

【2】LX

【3】LM

【4】LZ

【画像】レクサス車の象徴! スピンドルグリルとは?(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ムンク😱の叫び?でも迫力あるよね