スズキ新型「クロスビー」が発売! さらに安全で快適なコンパクトSUVに進化

スズキは同車の小型乗用車「クロスビー」の仕様を一部変更し、2020年10月15日に発売しました。

車線維持支援機能をスズキ車で初採用

 スズキは2020年10月15日、コンパクトSUVの「クロスビー」に、車線中央付近の走行維持をサポートする車線維持支援機能をスズキで初めて採用するなど、一部の仕様を変更し、販売を開始しました。

スズキ 新型「クロスビー」のアクセサリー装着イメージ
スズキ 新型「クロスビー」のアクセサリー装着イメージ

 今回の一部仕様変更では、車線維持支援機能が採用されたほか、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートが採用されたことにより、スズキ セーフティ サポートの内容がさらに充実。

 安全性能は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当しています。

 また、パーソナルテーブル(後席左右)やシート座面の撥水加工、防汚タイプラゲッジフロア、ステアリングオーディオスイッチなど、使い勝手を向上させる装備が多数搭載された「HYBRID MV」も新たに設定されました。

 新型クロスビーの価格(消費税込)は、180万5100円(HYBRID MX/2WD)からで、月間販売目標は2000台です。

●一部仕様変更車の主な内容
・安全装備の充実(HYBRID MV、HYBRID MZ)
・スズキ初となる車線維持支援機能を追加。
・アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)を追加。
・夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを追加。
・グレード構成の見直し
・パーソナルテーブル(後席左右)やシート座面の撥水加工、防汚タイプラゲッジフロア、ステアリングオーディオスイッチなど、使い勝手の良い装備を採用したHYBRID MVを新たに設定し、計3機種のラインアップとした。
・HYBRID MZにラックススェード(R)&レザー調の専用シート表皮やダークグレーパールのインパネとドアトリムのカラーパネルなどを採用したブラックインテリアパッケージをメーカーオプションとして設定した。

●車体色の一新
・タフカーキパールメタリック、プレミアムシルバーメタリックを追加。
・スピーディーブルーメタリックにホワイト2トーンルーフ仕様を追加。
・タフカーキパールメタリック、バーニングレッドパールメタリックにブラック2トーンルーフ仕様を追加。
・スーパーブラックパール、キャラバンアイボリーパールメタリックに3トーンコーディネート仕様を追加。
・ラインアップは合計13パターン。

スズキ・クロスビー のカタログ情報を見る

【画像】さらに安全で快適になった! スズキ新型「クロスビー」を見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント