「アイサイトX」で注目! スバル新型「レヴォーグ」はフル装備で何百万円? 38万円「EX」の中身とは

スバルは2020年10月15日に新型「レヴォーグ」を発表しました。先行予約では93%が高度運転支援システム「アイサイトX」搭載グレードを選択したといい、その先進性に注目が集まっていますが、ほかにはどのような装備が設定されているのでしょうか。また、オプションフル装備の仕様ではいくらになるのでしょうか。

アイサイトXが装備されるEX系グレードの中身とは

 スバルは、2020年10月15日に新型「レヴォーグ」を発表しました。2020年現在、スバルがラインナップするスポーツワゴンとして唯一となる新型レヴォーグには、特定条件下で手放し運転が可能になる「アイサイトX(エックス)」が搭載されるなど、先進的な装備が多数設定されています。

 そんな新型レヴォーグですが、装着できるオプションをすべて装着すると果たしていくらになるのでしょうか。最上級仕様にメーカーオプションをフル装備した仕様で検証していきます。

新型「レヴォーグ」の最上級グレードはどんな仕様?
新型「レヴォーグ」の最上級グレードはどんな仕様?

 全車に予防安全装備「新世代アイサイト」が標準装備される新型レヴォーグですが、グレード構成は、エントリーグレードの「GT」と、充実装備の「GT-H」、そしてスポーティな内外装パーツやZF製の電子制御ダンパー、ドライブモードセレクトなどの専用装備で走行性能に磨きがかかった「STI Sport」の3つです。

 そして、それぞれのグレードにアイサイトXなどが装着される「EX」が設定されているかたち(「GT EX」のように、グレード名の後ろにEXがつく)となります。

 アイサイトX無しのグレードとアイサイトX有りのEX系グレードの価格(消費税込、以下同様)をそれぞれ比較すると、3グレードすべて価格差は38万5000円です。

 そのため、実質的な“オプション装備”としてアイサイトXを38万5000円で装着した仕様が、EX系グレードの実態であると解釈することもできるでしょう。

 運転席シート自動後退機能のみ、GT-HとSTI SportはEX系グレードにグレードアップすると新たに装着されるのに対し、GTのみEX系グレードにグレードアップしても装着されませんが、ほかの装備差に関しては3グレードすべて同じです。

 価格が38万5000円アップするEX系グレードを選択すると、アイサイトXのほかに、タブレットのような11インチディスプレイのインフォテインメントシステムや、12.3インチフル液晶メーターなどが装備され、新型レヴォーグの先進性を存分に味わうことが可能となります。

 今回は、最上級仕様であるSTI SportのEX系グレード「STI Sport EX」(409万2000円)のフル装備仕様を見ていきます。

 新型レヴォーグの装備表を見ると、STI Sport EXに設定されるメーカーオプション装備は「スマートリヤビューミラー」の1点です。

 スマートリヤビューミラーは、リヤゲートガラスに取り付けられたカメラの映像が、ルームミラーに表示される装備となります。

 乗員や荷物で後方視界が遮られてしまう時や、悪天候などで後方が見えにくくなる場合でも、確実に後方を確認できるのがメリット。価格は5万5000円です。

※ ※ ※

 今回、新型レヴォーグで選択したメーカーオプションは、前出の装備も含めて全部でふたつです。そして、ディーラーオプションとして定番となるETC2.0車載器とフロアマットを選択すると、装着するオプションの一覧は以下のようになります。

●メーカーオプション(総額:8万8000円)

・有償色:クリスタルホワイト・パール(3万3000円)

・スマートリヤビューミラー(5万5000円)

●ディーラーオプション(総額:6万9520円)

・ETC2.0車載器キット(3万2780円)

・フロアカーペット STI(3万6740円)

 以上の装備を装着した新型レヴォーグ STI Sport EXの価格は、424万9520円となりました。

 スバルによると、10月14日までおこなわれた新型レヴォーグの先行予約台数は8290台にのぼりましたが、そのうちの93%がアイサイトXを搭載するEX系グレードだったといいます。

 EX系グレードにすると40万円近く価格が上昇しますが、それでも多くのユーザーから選ばれるほど、アイサイトXに注目が集まっているといえるでしょう。

スバル・レヴォーグ のカタログ情報を見る

【画像】新型「レヴォーグ」最上級仕様は豪華&超スポーティ!? 最上位「STIスポーツ」を見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント