瞬発力は「ランエボX」並み!? 新型SUV「エクリプスクロスPHEV」は三菱らしさ凝縮の痛快4WD! 新旧モデルを比較

三菱は、新型「エクリプスクロス」を2020年12月に発売すると同年10月15日に発表しました。PHEVモデルが追加され、大きな進化を遂げた新型エクリプスクロスは、いったいどんなSUVなのでしょうか。

新たな“三菱デザイン”第1弾となる新型「エクリプスクロス」

 三菱は、マイナーチェンジした新型「エクリプスクロス」を2020年12月に発売すると、同年10月15日に発表しました。また、同日から予約受注が開始されています。

 デザインやパワートレインも含め、大きく進化したといいますが、いったいどんなSUVに仕上がっているのでしょうか。

デザインが一新された新型「エクリプスクロス」。イケメンから超イケメンにイメチェン!?
デザインが一新された新型「エクリプスクロス」。イケメンから超イケメンにイメチェン!?

 エクリプスクロスは、新規のSUVとして2018年3月に登場。当時、同社が発売する新型車としては4年ぶりということで、大いに注目を集めました。

 発売当初、搭載されるエンジンは1.5リッターガソリンのダウンサイジング直噴ターボのみでしたが、その後2019年6月に2.2リッタークリーンディーゼルターボ仕様が追加され、ラインナップが拡充されました。

 今回、エクリプスクロスとして初となるマイナーチェンジで進化したポイントを見ていきます。

 外観は、同社が新しい“三菱デザイン”の第1弾として新型エクリプスクロスを掲げるほど、大胆に手が加えられました。

「DARING GRACE -大胆さのなかに宿る優雅-」をデザインコンセプトとして、前後オーバーハングを140mm延長し、よりクーペSUVらしい伸びやかなフォルムが演出されています。

 フロントフェイスは、より鋭さを増したデイライト部のデザインを採用し、同社の「デリカD:5」にも通ずる顔つきとなりました。

 またリアは左右で繋がるデザインとしていたテールライトを左右独立したデザインに改め、テールゲートもダブルウインドウからシングルウインドウへ変化しています。

 またボディカラーに新色として、ダイヤモンドカラーシリーズの第2弾となる「ホワイトダイヤモンド」を設定しました。

 新型エクリプスクロスのデザインについて、三菱のデザイン本部長である渡辺誠二氏は次のようにコメントしています。

「この新しいデザインは、コンセプトカー『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』のエッセンスを用いています。従来から持つ力強さやダイナミックさをキープしつつ、クーペSUVらしい流麗さやエレガントさを強化しました」

 内装は、インフォテインメントシステム「SDA」を7インチから8インチに大型化したほか、シートバリエーションにライトグレーの本革シートや、スエード調素材と合成皮革のコンビネーションシートを新設定し、幅広いユーザーの嗜好に応える仕様としています。

【画像】ランエボ並みの瞬発力! 新型「エクリプスクロスPHEV」を画像で見る(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント