なぜ人は「ロータリー復活」に熱狂!? マツダが2022年に投入も 復活を望む声が多いワケ

マツダは、2020年10月8日にコンパクトSUVの新型「MX-30」を発売しました。マツダの電動化を進めていく上で重要なモデルとなりますが、このオンライン発表会では「2022年前半からロータリーエンジンを発電機として使用するモデルを投入」することも明かしました。なぜ、人々はロータリー復活に熱狂するのでしょうか。

ロータリーエンジンは2020年前半に登場!? なぜ人々はロータリー復活に熱狂するのか

 2020年10月8日、マツダはコンパクトSUVの新型「MX-30」を発表するとともに同日から発売。そのオンライン発表会にて、同社社長の丸本明氏は、「2022年前半からロータリーエンジンを発電機として使用するモデルを投入」することを明かしました。
 
 クルマ好きのなかでは、ロータリーエンジンの復活を熱望する声が常にありますが、なぜロータリーエンジンに人々は熱狂するのでしょうか。

市販化が熱望されるマツダのロータリーエンジン搭載コンセプトモデル「RX-VISION」
市販化が熱望されるマツダのロータリーエンジン搭載コンセプトモデル「RX-VISION」

 今回のMX-30は、2019年10月に開催された「東京モーターショー2019」にて、EV仕様を世界初公開。その後、マイルドハイブリッド仕様をお披露目するとともに、EV仕様は2021年1月に発売を予定するなど、マツダの電動化モデルの今後を示していました。

 そして、MX-30のオンライン発表会では、前述の通りマツダ独自のロータリーエンジンを発電機として使用するマルチ電動化技術の開発を進めていることを明らかにしました。

 また、導入時期について丸本氏は「地域やお客さまの使われ方に合わせ、スモール商品群のほかの商品への展開も含め、2022年前半から順次市場 に導入してまいります」と説明しています。

 かねてからマツダは、「2030年時点でマツダが生産するクルマのすべてに電動化技術を搭載」や「地域ごとに最適な動力源を導入する、マルチソリューション戦略を進めていく」ことを明言。

 そのなかで、クルマ好きの間で注目されていたのが、かつてさまざまなマツダ車に搭載していたロータリーエンジンの復活です。

 SNS上でも「ついにロータリー復活!」、「発電機用というのが残念だけど、ロータリー復活に期待!」というような声が挙がるなど、ロータリーエンジンは人々を熱狂させています。

 マツダのロータリーエンジンの歴史は、1967年に当時の東洋工業時代に世界初の量産ロータリーエンジンを搭載した「コスモスポーツ」を発売したことから始まります。

 ロータリーエンジンとは、シリンダー内でローター(回転子)を回して動力を得る内燃機関で、従来のガソリンエンジンに比べて70%ほどのサイズといわれる一方、サイズは小さくても高出力を出すことができ、部品点数も少ないなどスポーツカーなどには最適なエンジンとして評価されています。

 マツダのロータリーエンジン車は、前述のコスモスポーツ以降、「ファミリア」や「サバンナ」、「カペラ」といったコンパクトサイズからミドルサイズまでのクルマに設定されていたほか、マイクロバスや海外向けのピックアップトラックにもロータリーエンジンを搭載していました。

 しかし、1973年の第一次オイルショックを機に、世の中は「環境性能」を意識するようになったことで、ロータリーエンジンの燃焼室形状が原因とされる不完全燃焼による燃費の悪さや、エンジンオイルを燃焼することによる排出ガス対策の難しさなどが広まり、急速に商品力を失っていきます。
 
 そんななかで、マツダはロータリーエンジン搭載車の開発を継続し1978年3月には「サバンナRX-7(SA22C型)」を投入。その後もRX-7はFC型、FD型と後継モデルを販売していきました。

 そして、2020年現在、最後のロータリーエンジン搭載車とされる、観音開き構造を採用した「RX-8」を2003年3月に発売しましたが、欧州を始めとする排出ガス規制などの影響によって、2012年に生産終了となったのです。

【画像】これはマジ惚れる! 最強ロータリーモデルをささっと見る!(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 熱意があっても買わないのが日本人。車がつまらなくなったのは、企業でも規制のせいでもなく、車を作り、それを買う「日本人」がつまらなくなっただけ

  2. 発電機として、燃費と発電量の最適値を見つければロータリーエンジンは有効だと思うけど、逆言えば最適値が見つかればそこで回転数を安定して発電させるわけで、電動で動くことになるから、アクセルの踏み込みと速度の変化はいいけど、”音”と完全にずれるから、出たはいいけど評判が悪くて終わるんじゃないの?
    今までのロータリーエンジンファンと別物に考えないと失敗するだろう。