強気の1グレードのみで登場!? マツダ新型SUV「MX-30」はオプションマシマシ仕様でいくら?

マツダの新型SUV「MX-30」は、複数のグレード設定を設けず、ユーザーが好きなメーカーオプションを自由に装着して自分仕様を作り上げる「ユア・オリジナル・チョイス」を設定して登場しました。オプションフル装備の仕様はいくらになるのでしょうか。

メーカーオプションはセットオプションが中心に

 マツダは2020年10月8日に新型「MX-30」を発売しました。両側観音開きドアの採用や、温かみのある内外装などが特徴ですが、グレード設定を設けずユーザーが好きなオプションを自由に装着して自分仕様を作り上げる「ユア・オリジナル・チョイス」を設定したことも珍しいポイントです。

 MX-30の車両価格(消費税込、以下同様)は2WD車が242万円、4WD車が265万6500円ですが、装着できるすべてのオプションを装備した豪華使用は、いくらになるのでしょうか。また、どのような装備が付くのでしょうか。

マツダ新型「MX-30」
マツダ新型「MX-30」

 今回は、4WD車をベースとし、その金額と装備内容を見ていきます。

 MX-30に設定されるメーカーオプションの大半はセットオプションとなっています。

 セットオプションの基本となるのが「ベーシックパッケージ」(7万7000円)で、選択すると本革巻のステアリングとシフトノブ、プラチナサテンのフロントドアインナーハンドル、そして交通標識認識システムなどが装備され、内装がグレードアップするほか各種快適装備が追加されるのがポイントです。

 そしてベーシックパッケージを選択しない場合、ほかのメーカーオプション(セットオプション含む)はすべて選択不可となることも、MX-30の仕様を検討するにあたって注意するポイントといえるでしょう。

 ベーシックパッケージ以外のメーカーオプションは、「セーフティパッケージ」「ユーティリティパッケージ」「エクステリアパッケージ」「インテリアパッケージ」「360°セーフティパッケージ」「ボーズサウンドシステム+12スピーカー」の6つです。

 また、エクステリアパッケージとインテリアパッケージを両方装着することで割安となる「インダストリアルクラシックパッケージ/モダンコンフィデンスパッケージ」も設定されます。

 セーフティパッケージ(12万1000円)は、右直事故回避アシスト機能が付いたスマート・ブレーキ・サポート(衝突被害軽減ブレーキ)や前側方接近車両検知など7つの予防安全装備がセットとなったメーカーオプションです。

 ユーティリティパッケージ(8万8000円)は、ステアリングヒーターや運転席・助手席シートヒーター、運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能など5つの快適装備で構成されます。

 エクステリアパッケージ(7万7000円)は、ピラーガーニッシュがピアノブラックになるほか、DピラーにMAZDAロゴ入りのメッキパーツが付き、そして18インチアルミホイールが足元を引き締めます。

 インテリアパッケージ(8万8000円、ユーティリティパッケージとの同時装着が必要)は内装がグレードアップされるセットオプションです。

コルク付きプルハンドルや合成皮革のニーレストパッド、フロントドアアームレスト、リアサイド トリムアームレストなど10つの装備によってより上質な雰囲気を実現しました。

 シート色は「インダストリアル」を選択するとブラック/ブラウンに、「モダン」を選択するとグレー/ホワイトになります。

 なお、前述のとおりエクステリアパッケージとインテリアパッケージが組み合わされた「インダストリアルクラシックパッケージ/モダンコンフィデンスパッケージ」は、ふたつを合算した金額よりも割安 な11万円での提供となります。

 360°セーフティパッケージ(8万6880円)は、クルマを上から見下ろすような映像で周囲を確認できる360°ビュー・モニターと、ドライバー・モニタリングのふたつからなるセットです。

 ボーズサウンドシステム+12スピーカー(7万7000円)は、走行ノイズ補償システム「AUDIOPILOT2」やサラウンドシステム「Centerpoint2」も搭載されています。

※ ※ ※

 今回装着したメーカーオプションは、前述のものを含めて総額49万2800円分となります。ここに、ディーラーオプションとして定番となるETC車載器とフロアマットを選択すると、装備されるオプションの一覧と価格は次のようになります。

●メーカーオプション(総額66万9880円)

・有償色:ソウルレッドクリスタルメタリック(3トーン・11万円)

・ベーシックパッケージ(7万7000円)

・セーフティパッケージ(12万1000円)

・ユーティリティパッケージ(8万8000円)

・インダストリアルクラシックパッケージ(11万円)

・360°セーフティパッケージ(8万6880円)

・ボーズサウンドシステム+12スピーカー(7万7000円)

●ディーラーオプション(総額66万9880円)

・MAZDAフロアマット プレミアム 4WD用(5万380円)

・ETC車載器(3万2543円)

 これらのオプションをつけた、フル装備のMX-30の価格は、340万9303円となります。

 ちなみに、通常グレードではない特別仕様車として、マツダはMX-30に「100周年特別記念車」を設定しています。

 100周年特別記念車は、前出のすべてのメーカーセットオプションと同等の装備が装着されているだけでなく、創立100周年の記念ロゴをあしらったフロアマット&フロアカーペットが標準装備されるほか、専用ボディカラー・内装色を採用。

 100周年特別記念車は、2WD車が315万7000円、4WD車が339万3500円。注文期間は2021年3月31日までです。

【画像】11万円のボディカラーも!? マツダの個性強めSUV! 新型「MX-30」を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. スタイル等はいいと思いますが
    ギアボックスの色が悪いせめて黒色系にしてほしい

  2. マツダ全車種に言えるが、カラーバリエーションが少なすぎる。のっぺりとしたエクステリアデザインなので、くすんだ暗いカラー展開ではデザインが引き立たない。それもオプションで高い金額を取るカラーばかり。見た目から興味がわかない。アイデア、エンジンにはいいものがあるのにねぇ…。