弱点はどこ? 新型ヤリスクロスの長所・短所 ユーザーの気になる部分とは

トヨタ「ヤリスクロス」が発売されてから約1か月が経過しました。売れ行きも好調だという話題のモデルにはどんな長所があるのでしょうか。また、その一方で抱える短所とはどのようなものなのでしょうか。

トヨタ「ヤリスクロス」のここがいい!

 先行予約時点から好調な滑り出しを見せているトヨタ新型「ヤリスクロス」。2020年8月31日に発売されてから、販売店には関心を寄せるユーザーが多く来店しているといいます。
 
 そんな、ヤリスクロスの長所と短所はどのようなものなのでしょうか。

絶好調なトヨタ「ヤリスクロス」の長所・短所とは? ユーザーはどこを気にする?
絶好調なトヨタ「ヤリスクロス」の長所・短所とは? ユーザーはどこを気にする?

 まず、長所としては世界トップレベルの燃費性能が挙げられます。同じGA-Bプラットフォームを採用する「ヤリス」譲りの低燃費を誇り、ヤリスクロスのWLTCモード燃費はハイブリッド車が30.8km/L、ガソリン車でも21.6km/Lとなっています。

 ライバル車として比較されるモデルにホンダ「ヴェゼル」と日産「キックス」がありますが、それぞれ燃費で比較するとヴェゼルのハイブリッド車が21.0km/L、ガソリン車は18.6km/L。ハイブリッド車のみラインナップされているキックスは21.6km/Lとなっています。

 ヤリスクロスはハイブリッド車の燃費もさることながら、ガソリン車においても優れた数値を備えており、ライバルのハイブリッド車と同等の燃料効率を誇っているのです。

 また、広いラゲージスペースもヤリスクロスの強みです。全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mmのボディサイズに対し、荷室長820mm(5人乗車時)×荷室幅1400mm×荷室高732mm(デッキボード下段時は850mm)の容量390リットルを誇ります。

 全長4360mm×全幅1795mm×全高1550mmと、全高以外はヤリスクロスよりも大きいトヨタ「C-HR」でも、ラゲージ容量は310リットルとなっています。

 コンパクトながら広いラゲージスペースを有するヤリスクロスは、ゴルフバッグを2つ積むことも容易なのです。

 加えて、6:4分割アジャスタブルデッキボードをトヨタのSUVとして初めて採用し、一部グレードで標準装備。大きな荷物を積み込むこともできますが、6対4の比率でさまざまなアレンジが可能なため、小物の積載にも対応しています。

 では、ヤリスクロスの長所について、ユーザーからはほかにどのような声があがっているのでしょうか。トヨタの販売店スタッフは以下のように話します。

「静粛性についてお褒めの言葉をいただくことが多いです。また、室内高が高いため、快適な車内スペースはヤリスクロスの長所といえるでしょう。

 燃費やラゲージスペースなど、ほかのモデルと比較しても優れた点を持ちながらも、価格帯がライバル車に比べてリーズナブルなため、最終的には値段を決め手に購入する人もいます」

※ ※ ※

 ヤリスクロスのガソリン車は189万6000円から221万円、ハイブリッド車は228万4000円から258万4000円という価格設定になっています。

 対して、ライバル達のエントリーグレードでは、ヴェゼルのガソリン車が211万3426円、ハイブリッド車が250万5555円。ハイブリッド車のみのキックスは275万9900円となり、標準で装備される内容が異なるため単純な比較は出来ないものの、それでもヤリスクロスは価格を抑えた設定ともいえます。

【画像】よーく見て! 新型ヤリクロのココが長所・短所!(45枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. デザインが短所
    フロントマスクがダサ過ぎる