ホンダ新型SUV「Honda SUV:e」世界初公開! イケメン過ぎるEVコンセプトとは

ホンダは、2020年9月26日に開幕した北京モーターショー2020で中国初のホンダブランドEVコンセプトカー「Honda SUV:e concept」を世界初公開しました。新たなSUVタイプのEVコンセプトカーとは、どのような特徴があるのでしょうか。

イケメン過ぎる中国向けの新型SUVとは

 2020年9月26日、ホンダは中国で開催されている北京モーターショー2020にて、中国でホンダブランド初となるEVコンセプトカー「Honda SUV:e concept(ホンダ エスユーブイ イーコンセプト)」を世界初公開しました。

中国でホンダブランド初となるEVコンセプトカー「Honda SUV:e concept」を世界初公開
中国でホンダブランド初となるEVコンセプトカー「Honda SUV:e concept」を世界初公開

 世界の主要自動車市場は、北米、欧州、日本、アセアンといった地域以外に近年目まぐるしく成長しているのが中国です。

 とくに、中国はEV/PHEVモデルがさまざまなメーカーから登場しており、世界でもっとも電動化が進んでいる市場ともいわれています。

 そんななか、ホンダは中国初となるHonda SUV:e conceptをお披露目。同社は、EVコンセプトカーについて、「将来、中国で初となるホンダブランドのEVの量産を見据え、その方向性を示すEVコンセプトカー」と説明しています。

 Honda SUV:e conceptのフロントデザインは、ブルーのライトが印象的でロゴマーク、フロント上端、ヘッドライト周り、バンパー左右を際立たせる形で点灯。

 サイドビューは、昨今流行りのクーペSUVテイストで、フロントフェンダーからサイドスカートに流れる造形が特徴的です。

 リアは、細長い水平基調のテールランプを採用。また、バンパー部分が開口されたような造形となり、後方から見ても迫力のあるデザインとなっています。

 内装は、スクエアなハンドルやディスプレイなど先進性を演出し、あくまでもコンセプトカーとしての佇まいを残しています。

 また、次世代の「Honda SENSING(ホンダ センシング)」として、認識・予測・判断性能を向上させた安全運転支援システム「全方位ADAS」を搭載。

 さらに先進のコネクティビティによるAIアシストインターフェースやスマホ連携、無線ネットワークによるアップデート機能を備えた次世代の「Honda CONNECT」により、常に新鮮でFUNに溢れるモビリティ価値を提供する量産車を目指して開発を進めているといいます。

 ホンダのエグゼクティブディレクター兼中国本社の井上勝城氏は、「Honda SUV:e conceptをベースにした純粋な電気自動車は、できるだけ早く大量生産される」と述べています。

※ ※ ※

 北京モーターショー2020では、Honda SUV:e concept以外に、ホンダ独自のプラグインハイブリッドシステムを搭載した新型「CR-V SPORT HYBRID e +」も登場。

 そのほか、電動化モデルを中心とした各種量産車を展示。ホンダは「グローバル2030年ビジョンに基づき、将来に向けたコンセプトを具現化することで、カーボンフリーや事故ゼロ社会の実現を加速させます」とコメントしています。

 また、次世代の安全運転支援システム「全方位ADAS」の技術訴求を展示。

 安全な交通社会の実現についてホンダは、「道を使うだれもが安全でいられる『事故に遭わない社会』の実現に向けた『Safety for Everyone』という安全思想のもと、事故ゼロ社会の早期実現を目指す」として、中国における実証実験の年内開始を予定しています。

【画像】ホンダ新型「CR-V PHEV」はどんな姿で登場!? 中国仕様を見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. この糞ダサいゴミクズデザインがイケメンなんてこの記事書いた奴は頭がよっぽど狂っているんですね。

  2. 格好いいと思います。
    これのFull size 4doors 版で運航距離が500km位あれば、アメリカではそこそこ売れると思う。
    バカ売れしている高級ドイツ車のクーペタイプのSUVのマーケットを崩せる。
    日本で流行っている車のデザインってガラパゴスなので、日本で売ろうとしたらゴテゴテとしたフロントマスクとメッキ部品が必要と思う…