なぜ自動車メーカーはSUVに注力? いまや価格差約4000万円も 日本と世界のSUV事情とは

SUVブームといわれて久しいものの、販売台数ランキングでは上位にSUVがひしめき合っている状況ではありません。しかし、国内外のメーカーは続々と新型SUVや既存車のフルモデルチェンジを相次いでおこなっています。なぜ、世界中のメーカーはSUVに注力するのでしょうか。

SUVが続々と投入され続ける背景とは

 毎月、公表される登録車の販売台数ランキング上位には、常にコンパクトカーやミニバンが位置しており、ブームといわれているSUVは意外にも多くありません。
 
 しかし、トヨタやマツダでは多くのSUVをラインナップするほか、ほかの国産メーカーも続々とSUVやSUV風モデルを市場に投入しています。なぜ、各メーカーはSUVに力を入れるのでしょうか。

世界で巻き起こるSUV旋風! 100万円台から4000万円超えまで、多種多様な世界のSUV事情
世界で巻き起こるSUV旋風! 100万円台から4000万円超えまで、多種多様な世界のSUV事情

 2020年において、トヨタは2020年6月17日に「ハリアー」、8月31日に「ヤリスクロス」を発売。日産からは、2020年6月30日に「キックス」が発売されています。

 また、2020年秋にマツダは「MX-30」のハイブリッド仕様を、2020年度中にはEV仕様のリース販売を開始する予定です。三菱はすでに販売している「エクリプスクロス」に大幅な改良を加えたうえで、PHEV仕様を新設定し、2020年度中に導入するとしています。

 さらに、2021年初頭には日産は次期型「エクストレイル」を登場させるとみられているほか、同年中頃には電気自動車の「アリア」が出てくるなど、まだまだSUVの勢いは衰えそうにありません。

 しかし、直近の2020年8月の登録車販売台数ランキングをみると、トップ20にランクインしているSUVはトヨタの「ライズ(2位)」「ハリアー(6位)」「RAV4(16位)」の3車種のみです。近年大幅に拡大したSUV市場の規模を考えると、決して多いとはいえない市場動向です。

 SUVだけでなく、以前から安定して人気があるミニバンやコンパクトカーも含めて販売に力を入れた方が良いように思えますが、一体なぜそんななかでも各自動車メーカーはSUVに注力し続けているのでしょうか。

 その理由は、大きくふたつあります。ひとつめは、SUVが現在主流になりつつあり、とくに以前選ばなかった人が購入する流れが加速していることです。

 SUVブームの到来前は、ミニバンが主流のカテゴリーとして定番化していました。ミニバンの特徴は大きな車体サイズから、広いラゲッジスペースや3列シートによる多人数乗車が可能な点にあります。

 多くの荷物を運びつつ、大人数での移動が可能なことから、家族での移動手段としてファミリー層に支持されてきました。

 しかし、現代の日本では5人以上の家族構成が減少傾向にあり、大人数で乗車する機会が減ってきています。そのため、「ミニバンでなければいけない」という場面が減っていると考えられます。

 そのため、3列シートを必要としない一般的な4人以下の家庭で、ミニバンほどではないもののセダンなどに比べると、高い居住性を持つSUVはファミリー層からも選ばれるようになったのです。

 そんなSUVの販売動向について、トヨタの販売店スタッフは以下のように話します。

「ほかのブランドも同じかと思いますが、トヨタ車の販売台数のうち、SUVは多くの割合を占めているカテゴリーです。

 若い世代からはデザインが好評なことを理由に支持されています。一方で、シニア世代からの需要も高く、定年後の旅行や趣味に利用する人が購入します。

 加えて、最低地上高が高いことにより、座面も高い位置に配置されることで、乗り降りしやすいこともシニア世代には嬉しいポイントです。

 また、近年は大家族が減っており、5人乗れれば十分というお客さまも少なくありません。

 SUVは趣味のクルマとしても、普段使いでも利用できる使用用途の多さが特長です。こうしたことから、現在主流のカテゴリーとなっているのではないでしょうか」

※ ※ ※

 国内でのSUVは、幅広い年代のニーズにマッチしたクルマです。2020年8月の新車販売台数トップ50のうち、トヨタは合計8万6197台を販売。そのなかで、SUVは2万2483台を占めており、ミニバンの2万7795台と大差の無い数字となっています。

【画像】あなたはSUV好き? 超高級SUVから懐かしのRVをささっと見る!(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 編集長さま

    こちらのライターさんの
    文章構成、組み立てが全て、
    冗長表現に感じてしまい残念ながら、
    内容が理解出来なくなりました。

    御社のキュレーションサイトを含めて全て
    オプトアウトを希望しますが、
    手順をご案内していないのであれば、
    インターネット業界のスタッフの方に、
    どうなっているのでしょうか。
    と、
    聞いてみます。

    お手数をお掛けしますが、
    宜しくお願い申し上げます。