マツダSUV王国は盤石か? 5m超え巨大モデルも存在!? 多彩な大中小SUVの違いとは

SUVラインナップの拡張に注力するマツダですが、アメリカで販売するSUVには全長5m超えのモデルも存在するなど、なかには海外専売モデルも存在します。その一方でコンパクトSUVもラインナップに残していますが、いったいマツダにはどのようなSUVが存在するのでしょうか。

じつは複数存在する! マツダの海外専売SUV

 マツダは2018年の「プレマシー」生産終了により、ミニバン市場から撤退しましたが、その一方でSUVに注力し、日本市場では4車種ものSUVをラインナップしています。

 そして、海外市場においてもSUVを多数展開し、なかには全長5m超えのモデルもあるといいます。いったい、ボディサイズごとにどのようなSUVがあるのでしょうか。

マツダ「CX-9」(北米仕様車)
マツダ「CX-9」(北米仕様車)

 マツダのSUVラインナップにおいて最小となるのが、「CX-3」です。

 ボディサイズは全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mmで、プラットフォームは同社のコンパクトカー「マツダ2」と共通です。

 搭載されるエンジンは、1.8リッターディーゼルターボと2リッターガソリン、そして1.5リッターガソリンです。

 ディーゼルエンジンは、発売当初の2015年は1.5リッターでしたが、2018年の改良で1.8リッターに排気量が拡大され、より余裕のある走りを得ました。6速ATと6速MTのいずれかが組み合わされ、駆動方式はFFと4WDが設定されています。

 そして、CX-3よりひとまわり大きなSUVとして設定されているのが、マツダCX-30です。

 CX-30のボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mmで、使用されるプラットフォームも、マツダ2より大きな「マツダ3」と共通のものとなります。

 2019年に発売されたCX-30は、日本自動車販売協会連合会が発表する2020年1月から6月までの販売台数が、マツダの登録車で最多となり、国内市場において同社の販売をけん引しています。

 また、2020年秋にはあらたに「MX-30」というSUVも国内導入されます。

 CX-30に近いボディサイズながら、両側観音開きのドアを採用した個性的なスタイルが特徴で、かつ2020年度中にリース販売を予定しているEV仕様の存在も明らかになっています(2020年秋に国内導入されるモデルはマイルドハイブリッド仕様を予定)。

 MX-30はマツダの電動化戦略において、象徴的な存在になることが期待されます。

 また、中国専売モデルとして「CX-4」というSUVも存在します。

 ボディサイズは全長4637mm×全幅1855mm×全高1524mmで、CX-30やMX-30よりも全長や全幅は大きいですが、全高は低く抑えられていて、伸びやかなプロポーションが特徴的です。

※ ※ ※

 一方、マツダのSUVのなかで最大となるのが「CX-9」です。日本には導入されておらず、北米市場で販売されています。

 ボディサイズは、全長5065mm×全幅1969mm×全高1717mmと、大柄で、もし日本市場された場合はラージサイズSUVに分類されますが、北米ではミドルサイズに分類されています。

 3列シートを採用し、2列目シートがキャプテンシート6人乗りとベンチシートの7人乗りを用意。多人数乗車にも対応しています。

 搭載されるエンジンはCX-9の2.5リッターガソリンターボで、トランスミッションは6速AT、駆動方式はFFと4WDを用意しています。

 日本市場でマツダSUVとしてフラッグシップモデルとなる「CX-8」は、プラットフォームがCX-9と共通で、CX-9の短縮版がCX-8といえます。

 CX-8のボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm。3列シートを採用し、6人乗りと7人乗りがラインナップされている点は共通となります。

 ミニバンが廃止されたマツダにとって、3列シートSUVはファミリー層のユーザーに対する受け皿になっているともいえそうです。

【画像】マツダの巨大SUV! 5m超「CX-9」とは? 画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 新型ランドクルーザー200についても、お願いします_(._.)_

  2. >最高出力140馬力・最大トルク450Nmの2.2リッターディーゼルターボだけでなく、最高出力169馬力・最大トルク420Nmの2.5リッターガソリンターボの設定もあり

    ここ、馬力とkw間違ってますよ。くるまのニュースを名乗るサイトにしてはあるまじき間違い。

    • つっこみ 様
      このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  3. そんな王国すぐに崩壊する。
    地獄になるだろう。