プレミアムコンパクトSUVの大本命 メルセデス「GLA」と「GLB」 選ぶならどっち?

2020年6月25日にフルモデルチェンジされて日本に上陸したメルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」。それと同時に、ブランニューモデルの「GLB」も登場している。同じプラットフォームを用いた2台のコンパクトSUVだが、それぞれに特徴がある。4歳と2歳の子どもを持つモータージャーナリスト、岡本幸一郎氏はGLAとGLB、どちらに心動かされるのだろうか。

スタイリッシュなGLAと スクエアなボディを持つGLB

 2020年6月、2世代目となるメルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」と、ブランニューモデルの「GLB」が同時に日本に上陸した。

 日本導入モデルはかなり絞りこまれていて、GLAはディーゼルの4WD「GLA200d 4MATIC」1グレードのみ、GLBはディーゼルの2WD「GLB200d」と、今回試乗したガソリンの4WD「GLB250 4MATIC スポーツ」の2グレード、という具合に選択肢が差別化された。車両価格は順に、502万円(消費税込、以下同)、512万円、696万円となる。

 GLBのガソリンモデルのみ価格が突出しているように感じられるが、じつはAMGラインやナビゲーションパッケージが標準装備されるので、実質的な価格差はそれほど大きいわけではないことをあらかじめお伝えしておこう。

メルセデス・ベンツ新型「GLA」(写真左)とニューモデル「GLB」(右)。同じプラットフォームを用いた兄弟車だが、全体的な印象はかなり異なる
メルセデス・ベンツ新型「GLA」(写真左)とニューモデル「GLB」(右)。同じプラットフォームを用いた兄弟車だが、全体的な印象はかなり異なる

 GLAとGLBは、プラットフォームをはじめ機構面での共通性が高いことは想像どおりだが、見るからにそうであるようにそれぞれ異なる個性が与えられている。

 数値的な部分を述べると、全長は235mm、全幅は10mm、全高は80mm、ホイールベースは100mm、それぞれGLBが大きい。

 いまや9車種にまで増えたメルセデス・ベンツSUVラインナップのなかで、エントリーモデルとなるGLAは、コンパクトSUVとしては一般的なパッケージだ。

 初代はベースであるハッチバックモデルの「Aクラス」との差異が小さく、あえて選ぶ意味が見えにくかった面もあるが、2代目と進化した新型GLAは見てのとおりだ。車高が高められ、車格が上がったような印象を受ける。スタイリッシュなクーペSUVのフォルムを持つ。なお、初代に比べると全長が10mm、全幅が45mm、全高が95mm、ホイールベースが30mm拡大している。

 一方のGLBは、限られたサイズのなかでスペースユーティリティを高めるべくボディ形状を角ばらせ、車高を高めて3列シートが収まるようにされている。

 この2台を選ぶ上でカギとなるのは、やはり3列目シートの有無であることはいうまでもない。

GLBの3列目シート。確かに着座姿勢は窮屈だが、それでも7人乗車できるのはGLBの大きなメリットだろう
GLBの3列目シート。確かに着座姿勢は窮屈だが、それでも7人乗車できるのはGLBの大きなメリットだろう

 その肝心の3列目は、身長168cmまで対応と伝えられるとおり、それほど広くはなく、着座姿勢も窮屈ではあるが、日本の成人男性の平均+αの体格である筆者が座っても、頭上にはかろうじて空間が残る。

 3列目だけでなく、2列目の居住性もGLBのほうが高い。そして以下で述べる走りの味付けの違いもあり、後席に人を乗せることを重視するならば、やはりGLBを選ぶのが賢明といえる。

【画像】どっちがお好き? メルセデス「GLA」と「GLB」を画像で比較(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント