実は危ない「落ち葉」 紅葉シーズン到来で秋冬ドライブの注意すべきこと

目の前に落ち葉が! どうやって対処する?

 対処法として挙げられるのが、落ち葉の上を通行する際には速度を落とすということです。速度を出した状態ではスリップする危険性が増えるため、路面を常に確認したうえでスピードを落とす準備をしておくことが重要です。

 また、ステアリング操作を最小限にとどめることも有効な対策といえます。タイヤのグリップを失わないように、落ち葉の上を直線的に最短距離で通過すると良いでしょう。

 このほか、運転中以外におこなえる対策として、道路にて落ち葉の山積を確認したら管轄する市区町村に連絡するという方法もあります。

 全国屈指の紅葉の名所として名高い京都市によると、「落ち葉の状況を確認のうえ、通行支障となっている場合には、落ち葉清掃をおこないます」とし、日頃から利用する道路に落ち葉が積もっていないか、確認しておくと事故の可能性を排除できます。

色深くなる山間部、紅葉に見とれてハンドルの誤操作には要注意
色深くなる山間部、紅葉に見とれてハンドルの誤操作には要注意

 落ち葉は、地面との間にあることでタイヤのグリップ性能を低下させるほか、雨に濡れると油分を分泌してさらに危険であることがわかりました。

 ですが、秋シーズンのドライブにおいて、紅葉が醍醐味であることもまた事実です。山間部では、慎重な運転を心がけることはもちろん、多少遠回りしてでも安全なルート選びを心がけましょう。

【画像】見惚れたら危険!? 美しすぎる紅葉をささっと見る!(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント