トヨタ「ルーミー」に倍返し!? 元祖小型ミニバン スズキ「ソリオ」全面刷新で逆襲なるか

スズキ「ソリオ」が開拓した小型ミニバンというジャンルですが、いまではトヨタ「ルーミー/タンク」が人気を博しています。ソリオのフルモデルチェンジが噂されているなか、後発のライバルとどう戦うのでしょうか。

マイチェンでタンクが消滅! ルーミーへ一本化

 トヨタのコンパクトカー「ルーミー」(ダイハツ「トール」のOEMモデル)がマイナーチェンジを受けました。

 エクステリアデザインをリフレッシュしたほか、先進安全運転支援システムをバージョンアップ。

 衝突被害軽減ブレーキは二輪車や夜間の歩行者も検知できるようになり、全車速追従機能つきのACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)も新たに組み込まれました。

ライバル争いを繰り広げるトヨタ「ルーミー」とスズキ「ソリオ」
ライバル争いを繰り広げるトヨタ「ルーミー」とスズキ「ソリオ」

 興味深いのが、兄弟車だったトヨタ「タンク」がルーミーに統合されたこと。その背景にあるのは、これまで販売店によって取り扱い車種が分かれていた系列扱いを終了し、トヨタの全車種を全ディーラーで販売することとなった販売店サイドの事情です。

 これまで、ルーミーはトヨタ店とカローラ店、タンクはトヨペット店とネッツ店で販売されていましたが、2020年5月より全店舗での販売へ移行(東京地区は2019年4月から実施)。

 そして2020年9月15日のマイナーチェンジでタンクが廃止され、ルーミーに一本化されました。

 これにより、従来はルーミーとタンクで別々に集計されていた日本自動車販売公開連合会が公開している車名別の販売実績は、2台分が合計でカウントされることになります。

 2019年の年間販売台数は、ルーミーが9万1650台、タンクが7万4518台でした。この2台を1台のクルマとして合計すれば、なんと2019年に16万6168台の実績を誇る超人気車になるわけです。

 そしてこの台数は、単一ボディとしてもっともも多い販売台数(軽自動車を除く)となるのですから、小さいボディながらその存在は日本の自動車マーケットにとって偉大といえるでしょう。

 ルーミーとタンクが評価されている理由は、その使い勝手の良さに尽きます。

 3700mmと短い全長ながら、背を高くすることで広い室内空間を確保。なかでも後席の足元には車体の大きなミニバンのような圧倒的な広さが備わり、高い居住性を実現しているのです。

 また、後席にはスライドドアを組み合わせることで、狭い場所での乗り降りをサポート。ミニバンのような感覚のコンパクトカーであり、軽自動車で人気ジャンルとなっている「スーパーハイトワゴン」の使いやすさを反映しつつ、ひとまわり大きくしたパッケージングなのです。

 しかしじつは、このジャンルを開拓したのはルーミーやタンクではありません。スズキ「ソリオ」です。

 ソリオのルーツは1997年にデビューした「ワゴンRワイド」です。軽自動車の「ワゴンR」をベースに全幅を広げ(側面パネルやヘッドライトなどは同じものを採用)、ひとまわり大きな1リッターエンジンを搭載した軽自動車の兄貴分としてスタートしました。

 ワゴンRワイドは1世代のみ、しかも販売期間2年ほどで終了しましたが、実質的な後継車として入れ替わりで誕生したのが1999年に販売を始めた「ワゴンR+(プラス)」です。

 2000年12月の一部改良で「ワゴンRソリオ」へ、そして2005年には「ソリオ」として再び車名変更。このモデルが初代ソリオとなります。

【画像】エアロ仕様はオラオラ顔!? ソリオとルーミーを見比べる(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. タンクやルーミーはソリオの成功に焦って急造したクルマ。
    荷室下の出っ張りや非力なエンジンと重い車体などダイハツ産の粗悪車。
    しかし、それが売れるからトヨタの恐ろしさ。

  2. ソリオ、めちゃめちゃ良いクルマです。
    視界もよく室内はミニバン並みに広い!
    しかし同じスズキのクロスビーに比べると、古さは否めないなかなと…。
    でも自分自身何度も購入候補に上がるも、やはりルーミーやライズに比べると余りにもデザインが悪すぎる…
    これに尽きると思います。

  3.  現行ソリオ・マイルドハイブリッドに4年乗っています。非常に乗りやすい車です。車体サイズ、室内の広さ、視界、動力性能、燃費等大満足です。都市部の買い物等の4キロ以内の走行で13km/L以上の燃費です。今までに17台自家用車を所有しましたが、その中で間違いなく一番いい車です。あと余談ですがソリオに乗ると自然に安全運転を心がけるようになります。

  4. ソリオ、いい車です。新型が出たら、次のクルマの候補です。現行型は軽を大きくしたデザインで一瞬、ワゴンR!?に見えるのが、残念。次も同じなら、プレマシー に
    乗り続けるかも。