さりげなく高性能なのがカッコイイ!? スポーティなステーションワゴン5選

2019年9月にトヨタ「カローラツーリング」がデビューし、2020年9月にはスバル新型「レヴォーグ」の発売を控えているなど、ステーションワゴン人気の復活が予感されます。一方で、かつては高性能なステーションワゴンが多数存在。そこで、派手すぎない外観かつ高性能なオトナのためのステーションワゴンを、5車種ピックアップして紹介します。

高性能だけど派手すぎない見た目が好印象なステーションワゴンを振り返る

 国内の自動車市場で、かつてちょっとしたブームとなったのが高性能なステーションワゴンです。その発端となったのは1989年に発売されたスバル初代「レガシィツーリングワゴン」で、各メーカーがスバルに追従するように高性能なステーションワゴンを次々と発売しました。

隠れたハイパワー車が多数存在した往年のステーションワゴンたち
隠れたハイパワー車が多数存在した往年のステーションワゴンたち

 しかし、その後はミニバン人気の高まりによって、ステーションワゴンのラインナップは激減し、現在に至ります。

 そうした状況のなか、2019年9月にトヨタ「カローラツーリング」が登場し、2020年9月にはスバル新型「レヴォーグ」の発売を控えているなど、ステーションワゴン人気復活の兆しもあります。

 そこで、往年の高性能ステーションワゴンを、5車種ピックアップして紹介します。

●スバル「レガシィツーリングワゴン 3.0R」

エアダクトが無いボンネットでスマートな印象の「レガシィツーリングワゴン 3.0R」
エアダクトが無いボンネットでスマートな印象の「レガシィツーリングワゴン 3.0R」

 長らくステーションワゴン人気を支えてきたレガシィでしたが、2014年に6代目のデビューとともにツーリングワゴンが国内販売を終えてしまいました。

 その最終モデルのひとつ前、2003年に登場した4代目レガシィは、ボディサイズが拡大され3ナンバーサイズ化されたことや、等長エキゾーストマニホールドの採用によりスバル車独特の「ボクサーサウンド」が消えたことが、大いに話題となりました。

 4代目レガシィでは先代から引き続きターボモデルがメインでしたが、上質かつパワフルなモデルとして3リッター水平対向6気筒エンジンを搭載する「3.0R」が、セダン/ツーリングワゴンともに追加ラインナップ。

 最高出力250馬力発揮する6気筒エンジンは、2リッター4気筒ターボエンジン搭載車とは異なるスムーズかつエレガントな走りが可能となっています。

 さらに、2004年には、専用チューニングのビルシュタイン製ダンパーや、専用の外装パーツ、18インチホイールを装備する「3.0R Spec B」が登場。

 後に5速ATが追加されましたが、当初は6速MTのみが組み合わされ、スバルらしく6気筒エンジンでもスポーツドライビングを重視していたのかもしれません。

スバル・レガシィツーリングワゴン の中古車をさがす

●日産「ステージア 250t RS FOUR V HICAS」

ハイパワーかつプレミアム感もアップした2代目「ステージア」
ハイパワーかつプレミアム感もアップした2代目「ステージア」

 1996年に発売された日産初代「ステージア」は、「R33型 スカイライン」系の主要なコンポーネンツを共用することで開発されたステーションワゴンです。

 もともと、7代目スカイラインまではステーションワゴンをラインナップしていましたが、8代目(R32型)からは廃止。

 ステージアの登場によって、ほぼ輸入車で占められていたLクラス・ステーションワゴン市場に、国産モデルが復活したことになります。

 その後、2001年のモデルチェンジで、11代目スカイラインが採用した新FRプラットフォームを共用する2代目となり、エンジンは3リッターと2.5リッターのV型6気筒を搭載。

 ステージア専用のエンジンとして、最高出力280馬力を発揮する2.5リッターV型6気筒ターボを搭載する「250t RS FOUR V」設定されるなど、初代にラインナップされた高性能モデルの「260RS」を彷彿とさせました。

 グレード展開はラグジュアリーな「RX」シリーズとスポーティな「RS」シリーズ、クロスオーバーSUVのような外観の「AR-X FOUR」があり、高性能ながら特別さを誇示しない「250t RS FOUR V」と、4輪操舵システム「電動SUPER HICAS」を搭載した「250t RS FOUR V/HICAS」が最高峰に位置してしました。

 なお、2004年のマイナーチェンジで2.5リッターV型6気筒ターボ車は廃止となり、3.5リッターV型6気筒自然吸気が登場しています。

日産・ステージア の中古車をさがす

●三菱「レグナム VR-4」

精悍なフロントフェイスが印象的な「レグナム VR-4」
精悍なフロントフェイスが印象的な「レグナム VR-4」

 1996年に発売された三菱「レグナム」は、「ギャラン」の派生車として登場したステーションワゴンです。

 外観は8代目ギャランと同じく精悍なフロントフェイスと、伸びやかにデザインされたキャビンが特徴的で、レガシィツーリングワゴンに対抗してパワフルなエンジンを設定。

 トップグレードの「VR-4」には、最高出力280馬力を発揮する2.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、フルタイム4WDシステムを組み合わせていました。

「ランサーエボリューション」シリーズと同様に、リアの駆動力配分を電気的に制御する「AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)」を搭載したモデルが設定され、4輪マルチリンクサスペンションを採用するなど、ハイエンドなステーションワゴンとして高い人気を誇りました。

 しかし、ステーションワゴン人気の下落から車種整理がおこなわれ、2002年に生産を終え、レグナムは1代限りで消滅しています。

三菱・レグナム の中古車をさがす

【画像】今見てもカッコイイ! オトナな高性能ステーションワゴンをチェック(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント