「これは豪華!」 トヨタ新型ヤリスクロスを上質に! 多彩な専用パーツがスゴい

2020年8月31日に発売された新型「ヤリスクロス」のモデリスタパーツを新たにラインナップしました。

新型ヤリスクロスがもっと上品に! 各種モデリスタパーツを設定

 トヨタ車のカスタマイズパーツやコンプリートカーを展開するトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、2020年8月31日に発売されたトヨタ新型「ヤリスクロス」のモデリスタパーツを新たにラインナップしました。

上品な新型ヤリスクロスに大変身!? 多彩なモデリスタパーツがラインナップ(アドバンス ロバスト スタイル)
上品な新型ヤリスクロスに大変身!? 多彩なモデリスタパーツがラインナップ(アドバンス ロバスト スタイル)

 新型ヤリスクロスは、トヨタ「ヤリス」と同じGA-Bプラットフォームを用いたコンパクトSUVとなり、同じトヨタのSUV「ライズ」と「C-HR」の間に位置するモデルです。

 純正モデルの外観デザインは、力強く洗練されたデザインと大型のフェンダーモールを装着したことにより、オフロード感を演出することで、同クラスのSUVとは違う個性を発揮しています。

 今回、新たに設定されるモデリスタパーツには、先進的なスポーティテイストを際立たせながら、たくましさを兼ね備える「ADVANCE ROBUST STYLE(アドバンス ロバスト スタイル)」と、洗練されたスタイリッシュさと金属加飾によるプレミアム感を演出する「ELEGANT ICE STYLE(エレガント アイス スタイル)」というコンセプトの異なるふたつのスタイルを設定しました。

 アドバンス ロバスト スタイルの「フロントスポイラー」は、センターの上向き面から、ロアグリル立体的なフィンを設けることで、押し出しの強いフロントフェイスを表現。

 センター下端やコーナー部にはブラックのシャープな造形を配し精悍さを強調しつつ、左右にはホワイトの面発光LEDイルミを備え、先進的なスポーティさを演出しています。
 
 リアデザインでは、ブラックアウトされた門構えのデザインとセンターにはディフューザー造形をフローティング状に配置した「リアスカート」を設定することで、安定したスタンスと軽快さを強調しました。

 また、新型ヤリスクロスの特徴でもある強調されたフェンダー部分には、純正のブラックカラーの上にボディ同色のパーツを被せることで、車両全体の力強い存在感とアーバンテイストを際立たせています。

 一方のエレガント アイス スタイルでは、伸びやかなウイング形状の金属調加飾とブラックのコントラストで構成される「フロントスポイラー」がエレガントで洗練された表情を演出。

 リア部分では、サイドから勢いのあるラインに繋げ、軽快感とワイド感を創出する「リヤスパッツ」を設定。L 字形状の金属加飾を組み合わせることで、リアスタイリングをエレガントに演出しました。

 また、ふたつのスタイルに共通するパーツとして、「サイドスカート」を設定。フロントからリアへの流れをキレのある造形で繋ぎ低重心なフォルムを演出するほか、ブラックアウトのなかにシャープな造形を配したフローティングデザインがスピード感のあるダイナミックなイメージを高めています。

 さらに、ルーフを伸びやかに見せることでスタイリッシュな印象を与える「リヤスポイラー」やフロントグリル、ドアミラー、ドアハンドル、リアバンパーにメッキを加飾することで高級感を与える「ガーニッシュ」も設定しました。

 足回りのパーツでは、新開発の16インチならび19インチアルミホイールを設定しています。

【画像】「これは豪華!」もっと上品になった新型「ヤリスクロス」を見る(41枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント