キムタクの新CMに登場した車は何!? 「やっちゃえ日産」の車種5選

2020年8月20日に、日産は新しいブランドアンバサダーとして木村拓哉さんを起用したと発表しました。そして、新生日産を象徴する「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」新CMを8月22日から公開。このCMには4台の旧型車と1台の新型車が登場しますが、どんな車種か紹介します。

キムタク新CMに登場した日産の名車を振り返る

 日産は2020年8月20日に、新しいブランドアンバサダーとして木村拓哉さんを起用したと発表しました。木村さんは今後、日産の「顔」としてさまざまなPRに出演することになります。

「やっちゃえ日産」新CMに登場したクルマたち
「やっちゃえ日産」新CMに登場したクルマたち

 その第1弾として、8月22日から放映された新TVCM「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」に、木村拓哉さんが出演。

 木村さんのナレーションとともに4台の旧型車と1台の新型車が登場して、日産の挑戦の歴史と新しい日産の象徴を表現しています。

 そこで、新しい「やっちゃえ日産」CMに登場した5台のクルマを紹介します。

●初代「スカイラインGT-R」

レースで勝つために作られたストイックなマシンの初代「スカイラインGT-R」
レースで勝つために作られたストイックなマシンの初代「スカイラインGT-R」

 CMの冒頭で夜の駐車場に佇み、その後ダートとワインディングロードを疾走するのは初代「スカイラインGT-R」です。

 スカイラインとしては3代目にあたり1968年に登場。日産とプリンスが合併した後、最初に発売されたモデルとして、まさに新たな日産の象徴的なモデルではないでしょうか。

 CMに登場したスカイラインGT-Rは1969年に、市販車をベースにしたツーリングカーレースで勝つことを目的に発売され、「ハコスカGT-R」の愛称で呼ばれたモデルです。

 当初は4ドアセダンが登場しましたが1970年に2ドアハードトップになり、ショートホイールベース化されたことで運動性能の向上が図られました。CMではこの2ドアハードトップが登場しています。

 スカイラインGT-Rに搭載されたエンジンは、プリンス時代に培った技術が投入された2リッター直列6気筒の「S20型」で、最高出力160馬力を発揮。量産車世界初の4バルブDOHCを採用した画期的なエンジンです。

 ヒーターすらもオプションだったストイックなモデルで、当時の価格は150万円。これは「L20型」SOHCエンジンを搭載した「スカイライン2000GT」の2倍近い価格でしたが、現在は2000万円前後で取り引きされています。

●初代「サファリ」

悪路走破性が高くプロの「ギア」としても選ばれた初代「サファリ」
悪路走破性が高くプロの「ギア」としても選ばれた初代「サファリ」

 2台目に登場したのは初代「サファリ」で、河原と思しき場所で水しぶきを上げながら豪快に走っています。

 日本のクロスカントリー4WD車の先駆けだった日産「パトロール」の実質的後継車として、1980年にサファリがデビューしました。

 ボディタイプは4ドアのロングボディと2ドアのショートボディがあり、ハイルーフ仕様や、バックドアが観音開きと上下開きが設定されるなど、幅広いバリエーションを展開。

 サファリは頑丈なラダーフレームと4輪リーフリジッドアクスルサスペンションを採用し、悪路走破性の高さだけでなく耐久性も高いため、道路整備が遅れている国や地域からも歓迎されました。ほかにも山間部や積雪地帯でサファリをベースとした消防車も活躍。

 当初、搭載されたエンジンは3.3リッターディーゼルのみでしたが、1983年にはターボディーゼル搭載車を追加。1985年のマイナーチェンジではヘッドライトが角型となり、4ドアのロングホイールベース車に、オーバーフェンダーと大径ワイドタイヤ、電動ウインチと背面スペアタイヤキャリアを装着した「グランロード」をラインナップし、迫力ある外観から人気となりました。

 なお、CMでは赤い車体の後期型2ドアショートボディが登場しています。

日産・サファリ の中古車をさがす

●フェアレディ240ZG

「Gノーズ」が特徴的な「フェアレディ240ZG」
「Gノーズ」が特徴的な「フェアレディ240ZG」

 3台目に登場したのは、1969年発売の初代「フェアレディZ」のなかでも上位に位置していた「フェアレディ240ZG」で、雨の中を疾走しています。

 初代フェアレディZは、主にアメリカでの販売を目的に開発されたモデルで、それまで販売された2シーターオープンの「フェアレディ」に対し、シャシやエンジンを一新した次世代のスポーツカーです。

 外観はロングノーズ・ショートデッキと古典的なフォルムながら、斬新で美しいファストバックスタイルを実現。

 240ZGでは、通称「Gノーズ」と呼ばれる空気抵抗を意識したフロントノーズ、前後フェンダーに装着されたリベット留めのオーバーフェンダー、ダックテール状の小型リアスポイラーが特徴です。

 搭載されたエンジンは2.4リッター直列6気筒SOHCの「L24型」で、SU型ツインキャブレターを装着して最高出力150馬力を誇りました。

 アメリカではダットサン「240Z」として販売され、スポーツカーとしては空前のヒットを記録し、いまもオーナーズクラブが全米で活動しているなど長く愛されています。

 なお、フェアレディ240ZGは日本でのみ販売されたモデルで、アメリカの愛好家にとって垂涎の的です。

日産・フェアレディZ の中古車をさがす

【画像】「やっちゃえ日産」CMに登場したクルマをささっと見る!(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. Rebornニッタン

  2. 別にキムタクが好んで日産車乗ってる訳でもないのになにがブランドアンバカダーだ
    CMで不敗神話のRからセンスのない新車に飛ぶんだか分からんが、出すならちゃんと今のしょうもないスカイラインじゃないスカイライン(笑)の後に出せっての

  3. 8月に、新しく木村拓哉さんの日産のCMでイメージキャラクターを起用。キャッチフレーズは、やっちゃえ、日産です。7月に、新しく、日産のCIマークイメージチェンジしたばかり。今回からは、セダン、スポーツ&スペシャリティ、コンパクト、ミニバン、SUV、電気自動車、ピックアップトラック、バン、トラック、軽自動車のセダン、電気自動車、ミニバン、バン、トラックを含めて、日産の新車が、発売される予定です。期待してます。ガンバレ~ッ!日産。

  4. 日産よ、何故、キムタク使うんだ。
    馬鹿じゃあねぇの。
    キムタクに、ブランドアンバサダーするのは、違うだろう。