ダサい「きのこミラー」なぜ減った? SUV・ミニバンの定番装備は過去の話だった

ひと昔前のSUVやミニバンには、通称「きのこミラー」といわれるサイドアンダーミラーが装備されていました。なぜ最近のクルマでは見かけなくなったのでしょうか。

減少傾向の「きのこミラー」は、技術の発達とともに衰退した?

 かつてSUVやミニバンなどのボディサイズが大きいクルマに採用されていた「サイドアンダーミラー」は、近年の新型モデルで姿を見かける機会が減少しましたが、なぜ見かけなくなったのでしょうか。

最近、見かける機会が減った通称:きのこミラー
最近、見かける機会が減った通称:きのこミラー

 かつてボディサイズの大きな国産SUVやミニバンの定番装備となっていたサイドアンダーミラーは、フロントフェンダー部分からきのこのように生えていたことから、一部では「きのこミラー」と呼ばれていました。

 1970年代から1980年代にかけて、RV(現在のSUV)やバン、1BOX(現在のミニバン)などといった車種による左折巻き込み事故が多発したことにより、1990年代のはじめに登場した安全装備です。

 サイドアンダーミラーは、運転席から死角となる助手席側の空間をミラー越しに確認できる装備として、各自動車メーカーが相次いで採用しました。

 2003年に国土交通省は、クルマの視界を確保する間接視界基準の導入を決定。2005年1月1日以降の生産車からサイドアンダーミラーの取り付けが義務付けられています。

 2016年6月には、「間接視界基準に係る国際規則の採用」にともない、設置が義務付けられているサイドアンダーミラーと同等の視界が確保されるカメラモニタリングシステムで代用することが許可されました。

 これにより、最近では小型カメラを助手席側のドアミラー下部に取り付けて、その映像をディスプレイで確認できる機能を採用するクルマが増加しています。

 カメラとモニターによる確認は、これまでのサイドアンダーミラーよりも圧倒的に視野性が向上した結果、サイドアンダーミラーを付けたクルマを見かけなくなったのです。

 さまざまなサイズのSUVやミニバンをラインナップするトヨタの販売店スタッフは次のように話します。

「SUVは、一般的なクルマに比べて車高が高く設定されており、助手席側が見えづらくなることから、小さなお子様を巻き込んでしまうといった事故が起こりかねません。

 こうした事故を防止するため、十分な視界を確保するためにサイドアンダーミラーが装備されていましたが、最近のクルマにはカメラ付いており、モニターで左側の視界を十分に確認できるため、サイドアンダーミラーが付いていないことが多くなりました。

 ただし、グレードやオプションによって搭載することが可能です。そのため、サイドアンダーミラーが装着されたままのモデルもあります」

※ ※ ※

 また、前述のようにサイドアンダーミラーは、その形状やデザイン性から「ダサい」という声もあります。そのようなデザイン面での影響について、国産メーカーのデザイン担当者は、次のように話します。

「最近のクルマは、出来る限り凹凸や余計な突起物を無くす方向性になっています。これは、どのメーカーにも同じことがいえ、その要因として第一に燃費性能の向上が挙げられます。

 空気抵抗が大きくなる突起物は、その分燃費に影響するため、可能な限り燃費性能を向上させる努力をデザインに反映させているからです。

 もうひとつは、そもそものデザイン性を考えた際に見た目的に不要な物を排除したいということがあり、かつては安全上や技術的に装備していたものでも代用出来る物が登場したのであれば、変更していきます。

 似たような物として、クルマのアンテナはかつては棒状で長いタイプが主流でしたが、徐々に小型化していき、最近ではシャークアンテナという空気抵抗も考慮したタイプに変わっています」

【画像】いまや絶滅危惧! みんな付いていた「きのこミラー」を見る(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. どうせカメラもミラーも見てね~だろ?w
    そんな気遣いができるなら死角だらけのSUVなんて乗らねーだろ?
    フェンダーミラー1つにしても子供なら隠れてしまうしね。