北米でマツダ「CX-9」2021年モデルを発表! 待望のカーボンエディションも

マツダノースアメリカンオペレーションズは2020年8月18日、2021年モデルの「CX-9」の発売を発表しました。新型CX-9は2020年8月末にデリバリーが開始される予定です。

テクノロジーとスタイリングのアップグレード

 2020年8月18日、マツダノースアメリカンオペレーションズは、2021モデルの「CX-9」を発表。デリバリーは、同年8月末が予定されています。

マツダ「CX-9」2021年モデル
マツダ「CX-9」2021年モデル

 CX-9は海外専用に販売されている3列シートの大型SUVで、ブランドのフラッグシップを担い、運転を楽しめるだけでなく、ファミリー層を中心に実用的なニーズを満たすことができるモデルです。

 その2021年モデルは、テクノロジーとスタイリングがアップグレードされました。

 全グレードに搭載されるSKYACTIV-G 2.5ターボエンジンは、プレミアム(93オクタン)ガソリンで433.86Nmのトルク/250馬力、通常(87オクタン)ガソリンで420.3 Nmのトルク/227馬力を実現します。

 ターボチャージャー付きエンジンは、クイックシフトの6速SKYACTIV-Driveオートマチックトランスミッションと組み合わせられており、標準でG-ベクタリングコントロールプラスが備えられています。

 さらに、全グレードにi-ACTIVEオフロードトラクションアシスト付き4WD仕様が設定されました。

 CX-9スポーツの新機能としては、最新のマツダコネクト・インフォテインメントインターフェースを備えた10.25インチの大型センターディスプレイを搭載。

 新しいインフォテインメントはApple CarPlayやAndroid Autoに対応。MyMazdaアプリにログインしてリモートでCX-9の状態を監視・制御が可能な3年間のトライアルを含むマツダコネクテッドサービスが追加されています。

 クルマのWi-Fiホットスポット機能として、23か月または2GBの試用版を搭載。

 先進安全技術のi-ACTIVSENSEが標準装備されており、ストップアンドゴー機能付きのマツダレーダークルーズコントロール、歩行者検出機能付きのスマートシティブレーキサポート、衝突警告付きのスマートブレーキサポート、レーンキープアシスト付きのレーン出発警告、ブラインドスポットモニタリングやリアクロストラフィックアラートを搭載。

 その他の標準装備として、ヒーター付きフロントシート、本革巻きステアリングホイールとシフトノブ、3ゾーン自動温度調節、ランバーサポート付き6ウェイパワードライバーシート、Bluetoothハンズフリー電話とオーディオのペアリング、ふたつのフロントUSB入力、バックビューカメラ 、キーレスエントリー、プッシュボタンスタートが搭載されています。

 CX-9スポーツには、自動整準機能付きの自動オン/オフLEDヘッドライト、LEDテールライト、日中走行用ライト、暖房ドアおよびパワードアミラー、ハイビームコントロールを搭載。

 CX-9ツーリングでは、本革製シートを1列目と2列目、6ウェイパワーパッセンジャーシートに採用。2列目のベンチシートに2つのUSB充電ポートやスライドおよびチルト機能を含む、さまざまなシートのアップグレードが追加可能です。

 その他のオプションとして、パワーリフトゲート、マツダアドバンストキーレスエントリー、ホームリンク付き自動防眩バックミラーなどを設定。

 ツーリングプレミアムパッケージを選択することでと、BOSE12スピーカープレミアムオーディオを楽しむこともできます。

 新しいワイヤレス電話充電器は、シフターの前の収納コンパートメント、パワームーンルーフ、前後のパーキングセンサーに配置。

 さらにオーナーは、3列目のふたつのUSB充電ポート、LEDフォグランプ、2列目の格納式ウィンドウサンシェードや3か月の試用サブスクリプション付きSiriusXMR衛星ラジオに加え、2列目のベンチシートまたはアームレスト付き2列目キャプテンチェアとセンターパスを、追加料金なしで選択可能です。

 そして、2021年モデルから追加となる新しい「カーボンエディション」は、CX-9ツーリングツーリングプレミアムパッケージをベースに、ポリメタルグレーのエクステリアペイント、グロスブラックのドアミラー、グロスブラックのフロントグリルと20インチブラックメタリックアルミホイールなど、専用デザインによる特別なスタイルを提供。

 内装は、レッドの本革製シートとブラックメタリックでトリミングされたダッシュボード、ドアパネルとハンドルベゼルを採用。ステアリングホイールにはパドルシフターが付いています。

 また、カーボンエディションの新しい安全機能として、スマートシティブレーキサポートリバースとドライバーアテンションアラートを搭載。アームレストとセンターパススルーを備えた2列目キャプテンシートが標準装備されています。

 その他の機能として、ハンズフリーパワーリフトゲート、ベンチレーションフロントシート、シート―ヒーター付き2列目のシート、ステアリングヒーター、7インチTFTデジタルゲージディスプレイも標準装備となりました。

 新型CX-9の価格は、CX-9スポーツ(FF)が3万3960ドル、CX-9スポーツ(4WD)が3万5860ドル、CX-9ツーリング(FF)が3万5750ドル、CX-9ツーリング(4WD)が3万7650ドル、CX-9カーボンエディション(FF)が4万1080ドル、CX-9カーボンエディション(4WD)が4万2980ドル、CX-9グランドツーリング(FF)が4万1940ドル、CX-9グランドツーリング(4WD)が4万3840ドルです。

【画像】北米で発表されたマツダ「CX-9」2021年モデルを画像で見る(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント