トヨタSUV人気止まらず ハリアー&RAV4をどう選ぶ? ユーザーの比較基準とは

2019年4月に国内での販売を再開したトヨタ「RAV4」ですが、同じくトヨタのSUVである新型「ハリアー」が2020年6月に発売されました。これによってRAV4ユーザーの流出はないのでしょうか。

「RAV4」にとって新型「ハリアー」はブランド内ライバル?

 トヨタ「RAV4」は、初代モデルが1994年に発売され、その後2000年には2代目、2005年には3代目が登場。
 
 2016年から国内の販売は一時休止していましたが、2019年4月より現行の5代目が登場しています。
 
 一方で、2020年6月には新型「ハリアー」が発売されましたが、両車はサイズの近いSUVとあって、RAV4の販売へ影響しそうですが、実際にはどうなのでしょうか。

どちらも人気なトヨタSUV! RAV4&ハリアーの違いとは
どちらも人気なトヨタSUV! RAV4&ハリアーの違いとは

 日本自動車販売協会連合会によると、ハリアー発売前の2020年5月期のRAV4は15位となる2382台を販売。そして、ハリアーが発売された6月には12番目となる4331台を販売しているため、一見ハリアーの登場はRAV4にあまり影響していないように思えます。

 しかし、RAV4の購入を検討しているユーザーの傾向について、トヨタの販売店スタッフは以下のように話しています。

「RAV4とハリアーを比べて検討するお客さまは多いです。RAV4はハリアーに比べ安価で、ラゲッジルームが広く設計されています。

 最低地上高の高さや角ばったザインも相まって、アウトドアレジャーを趣味にしているお客さまはRAV4を購入されます」

 オフロードでの走行を想定してつくられたRAV4は、最低地上高が190mmから200mmと高く設定されているのに対し、ハリアーは街乗りのためのモデルとしてつくられているため160mmから175mmとなっています。

 加えて、両モデルを比較してRAV4を購入するユーザーのなかには、ハリアーの納期をネックに感じた人もいるようです。

 納期はグレードやカラー、装備によって異なるようで、ハリアーの上級グレードのZや本革シートのレザーパッケージを選択すると年内に納車することは難しいとしています。

 対してRAV4は2か月から2か月半ほどとしています。こうした理由から、RAV4に心移りするユーザーもいるようです。

※ ※ ※

 現行RAV4は、近年の都会派SUVブームに逆らうように、オフロード走行も得意とする本格派テイストがヒットの要因となりました。

 その独特なポジションから、新型ハリアーへユーザーが流出してしまうケースは少なく、むしろハリアーと比較したうえでRAV4を購入する人も目立つようでした。

【画像】どっちが好み? 兄弟でもキャラが正反対なSUVをささっと写真で比較する!(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント