軍用「Gクラス」は540万円!! 人気SUV3車種の最新オークション動向

欧州車も含め、全世界的にSUV人気が続いているが、それではオークションシーンではSUVはどれくらいで落札されているのだろうか?新車でも人気の高いメルセデス・ベンツ「Gクラス」、ランドローバー「ディフェンダー」、Jeep「ラングラー・アンリミテッド」の3台を比べてみよう。

クラシックSUVをオシャレに乗りこなしてみてはいかが?

 RMサザビーズは、恒例のモントレー・オークションを、オンラインながら2020年8月中旬に予定通り開催することを決定した。

 毎年話題性に富む、さまざまな出品車が集まるこのオークションだが、それに備えて2020年7月23日から30日まで、「オープンロード・ノースアメリカ」と銘打ったリハーサル・イベントが開催されている。今回はここから、タフネスさと機能性で、アメリカではSUVと同様に人気の高いクロスカントリーモデルを紹介しよう。

●1990 メルセデス・ベンツ250 GDウルフ

機動性の高い、ショートホイールベースの軍用のメルセデス・ベンツ「250 GDウルフ」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's
機動性の高い、ショートホイールベースの軍用のメルセデス・ベンツ「250 GDウルフ」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 まず紹介するのはメルセデス・ベンツ「250 GDウルフ」だ。そのスタイルを見れば、初代Gクラスのファミリーであることは一目瞭然だが、日本でお馴染みだったGクラスとは、その趣が大きく異なることがすぐに分かるだろう。

 Gクラスはそもそも当時のダイムラー・ベンツと、オーストリアのシュタイヤー・ダイムラー・プフの両社が、オフロードモデルの共同開発に合意して誕生したものだ。生産はオーストリアのグラーツに建設されたプフの工場で1979年から開始されている。

 モデル・バリエーションは意外にも幅広く、ホイールベースは2タイプ、ボディは5タイプ、エンジンも4種類が用意されるという豪華さだった。

 そしてもうひとつ忘れてはならないのは、Gクラスには民間車のほかに軍用車も生産されていたということだ。

 民間用が「460」のモデルナンバーを持つのに対して、軍用は「461」のシリアルプレートを掲げる。出品車はもちろん、機動性の高いショートホイールベースの後者だ。

 搭載されるエンジンは、2.5リッター直列4気筒ディーゼルで、最高出力は90ps。これに5速MTを組み合わせ、さら副変速機と、前後にデフロック機能を備えている。

 最近フレーム修正をおこなったというこのウルフは、そのボディやインテリアのコンディションからも想像できるように、コレクターズアイテムとしては実に魅力的な1台である。

 RMサザビーズは予想落札価格を6万5000−7万5000ドル(邦貨換算約700万円−800万円)としていたが、実際の落札価格は5万600ドル(同540万円)だった。最近の、コレクターズアイテムとしてのGクラスの人気を考えれば、これは意外な掘り出し物ともいえそうだ。

【画像】オークションに出品された新車でも人気の高いSUV3選とは?(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント