トヨタ内でライバル争い激化!? 新型「ヤリスクロス」と爆売れ「ライズ」を徹底比較

昨今SUVに力を入れているトヨタですが、2020年9月に新型コンパクトSUVとして「ヤリスクロス」が発売されます。同社内でもっともコンパクトなSUVである「ライズ」とは、どう違うのでしょうか。

同じコンパクトSUVでもキャラクターが違う

 昨今、怒涛の勢いでSUVのラインナップを増やしているのがトヨタです。

「ライズ」「C-HR」「RAV4」「ハリアー」「ランドクルーザー/プラド」「ハイラックス」など、大小さまざまなSUVが存在していますが、2020年9月にはコンパクトSUVの「ヤリスクロス」が発売される予定です。

トヨタのコンパクトSUV ヤリスクロスとライズ
トヨタのコンパクトSUV ヤリスクロスとライズ

 新型ヤリスクロスは、ライズとC-HRの中間に位置するモデルです。今回は販売台数で上位に位置するライズとの違いを比較してみます。

 コンパクトカーの「ヤリス」をベースとした新型ヤリスクロスは、ヤリスブランドで築いてきた「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎつつ、都市型コンパクトSUVを再定義することを目指して開発されました。

 ヤリスと同様にコンパクトカー向けの「TNGAプラットフォーム(GA-B)」と、一新したハイブリッドシステムの採用などにより、高次元の基本性能と環境性能を実現。

 取り回しの良いボディサイズと、居住性や荷室空間といったSUVらしいユーティリティ性能を両立しています。

 新型ヤリスクロスのボディサイズは、全長4180mm×全幅1765mm×全高1560mmです。

 外観はシンプルながらも、SUVならではの“ロバスト”(頑強さ)を表現。ヤリスとは異なって、力強く洗練されたデザインと大型のフェンダーモールを装着したことにより、オフロード感を演出しました。

 内装はヤリスと共通化しつつ、ワンクラス上の質感と居心地の良さが感じられる造形としています。

 一方のライズはダイハツ「ロッキー」の兄弟車で、2019年11月に発売されました。普通車の販売ランキングにおいて、2020年1月・2月に連続で1位を獲得するなど、発売直後にヒットモデルに躍り出た人気車です。

 ライズのボディサイズは、全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mmで、5ナンバーに収まるコンパクトなサイズとしながら、広い室内と荷室を実現しています。

 新型ヤリスクロスと比べると、ライズのほうが全長と全幅は短いのですが背が高く、ボディサイズ以上に大きく見えます。

 ライズの外観は、RAV4と似た力強いデザインで、上級モデルに装着される17インチの大径タイヤや張り出したフェンダーが、SUVとしての逞しさを演出しています。

 内装はシンプルでありながら、運転席からの視界の良さに配慮したインパネや運転席に向けて配置された操作パネルなど、運転に集中できる空間を実現。前後のシート間は900mmを確保し、後席でもゆとりある空間が広がっています。

 新型ヤリスクロスの荷室は、荷室容量は5名乗車時で390リッターを確保。また、6:4分割アジャスタブルデッキボードや、4:2:4分割可倒式リアシートの設定で多彩なデッキアレンジを実現。

 ライズの荷室は、荷室幅1000mm、荷室高865mm、荷室長755mmと十分なスペースを確保し、可動式デッキボードを活用することで利便性を高めました。

 デッキボード下段時には、コンパクトSUVトップレベルの荷室容量369リッターを実現。デッキボード上段時では、後席シートを前倒しすることでフラットかつ奥行きのある空間となり、長尺物の収納も可能です。

 さらに、デッキボードを取り外すと背丈の高い荷物も収納できるなど、さまざまなニーズに対応することができます。

【画像】トヨタのコンパクトSUV対決! ヤリスクロスとライズをチェック(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント