新型「IS」は何が変わった? レクサス渾身の超絶進化の中身とは

数少ないFRスポーツセダンとして注目されるレクサス「IS」。マイナーチェンジモデルが2020年秋頃に発売予定だといいますが、実際にはどのような部分が進化しているのでしょうか。

新型「IS」爆誕!? 何がどう進化したのか

 昨今では、FRスポーツが減少傾向にあるといわれ、その希少性からフルモデルチェンジ、マイナーチェンジする度に多くのクルマ好きの脚光を浴びます。
 
 2020年6月16日に世界初公開されたレクサスのコンパクトFRスポーツセダン新型「IS」もその1台です。

新型ISは従来モデルからどのような進化を遂げたのでしょうか
新型ISは従来モデルからどのような進化を遂げたのでしょうか

 当初、新型ISは発表前のティザーやまことしやかに広まる噂話によって「フルモデルチェンジするのではないか」といわれていましたが、実際にはマイナーチェンジというものでした。

 また、外観や内装においてパッと見たところでは大きな変更が見られなかったこともあり、「従来モデルからさほど進化していないのでは」という声も散見されていました。
 
 しかし、実際には外観デザインとFRスポーツとして重要な「走り」の部分で大きく手を加えられていたのです。

 外観全体のパッケージでは、「気持ちの良い走りを予感させるワイドで低重心なプロモーション」をテーマにヘッドランプ上端を大きく下げて重心の低さを表現しています。

 サイドからリアにかけては、緩やかに傾斜したリアクォーターピラーがサイドから回り込む引き締まったシルエットを実現。

 さらにタイヤを大径化したことで片側15mm増の部分を利用してフレアを貼り出し、よりワイドで低重心なスタイルとなりました。

 新型ISのボディサイズは、従来モデルと比べて全長4710mm(+30mm)×全幅1840mm(+30mm)、全高1435(+5mm)とプロポーションを重視したサイズアップが図られています。

 全長の部分では、フロントタイヤの中心部からフロントバンパー先端部分のボディ先端部分のみで+30mmとなっているため、従来モデルよりロングノーズ化されました。

 新型ISのデザインについて、プロジェクトチーフデザイナーの平井健一氏は次のように話します。

「新型ISで、とくに重視したのは『足回り』の表現です。従来型よりワイドになり、タイヤのサイズも大きくなった足回りの特長を最大限に活かすために、ドア全幅は従来型と同じ位置にしたままフレアの部分をグッと広げることで、足回りを強調。これにより、グラマラスで低重心なフォルムを創造しました」

※ ※ ※

 また、レクサスを象徴するアイコンでもある「スピンドルグリル」にも手を加えられています。新型ISでは、スポーティさを徹底的に追求するため、グリルの先端部分(レクサスエンブレム部)を起点に立体的な多面構造とすることで押し出し感を強調。

 さらに、スピンドルをモチーフとしたブロック形状とメッシュパターンを組み合わせ、スポーティな印象としているほか、スピンドルグリルの両端枠をメッキ加飾することで、軽快さと若々しさを表現したといいます。

 発表前のティザーイメージで強いインパクトを与えたリアランプには、「フルLEDリヤコンビネーションランプ」を採用。コンパクトSUV「UX」と同様に左右のL字形状を結ぶ一文字を用いることで、ワイド感が強調されました。

 内装は、外装デザインほど見た目上の変化は薄いものの、実際には従来モデルよりスポーティさと質感の高さを表現するために、インパネ、センターディスプレイ、センターコンソールなどの形状を変更しています。

 新型ISではセンターディスプレイに、画面を直接タッチして操作可能なタッチディスプレイと遠隔で画面操作がおこなえるタッチパッド式を同時に採用し、ドライバーの目線移動を少なく、直感的に操作できるものに変更されました。

 また、新型ISの“F SPORT”でも外装、内装ともに従来モデルからブラッシュアップされた専用デザインやパーツが採用されたことで、ISが追求するスポーティな走りのイメージを強化しています。

【詳細画像】カッコ良すぎ! 進化を新旧ISで比較する(54枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 新型じゃないけどIS350ガソリン車をドライブしたことあるけど率直にNISSANのVG30EのY30セドリックと言うか?そんな印象だったんだよな
    決してそれが悪くはないのだが、TOYOTAが意識した乗り味なのか?技術者の限界なのか?余程バカか?利口か?解らんけど?