軽ナンバー1のダイハツに危機感!? 主力の「タント」の販売が伸び悩む理由とは

販売好調な軽自動車ですが、売れ筋のスーパーハイトワゴンのなかでダイハツ「タント」が伸び悩んでいます。タントがイマイチ売れない理由とは、どこにあるのでしょうか。

新型では異例の特別モデル投入でテコ入れを図るタント

 最近は軽自動車の売れ行きが好調で、新車として売られるクルマの40%近くを占めますが、すべての軽が好調に売れるわけではありません。

2019年7月に登場した現行モデルのダイハツ「タント」
2019年7月に登場した現行モデルのダイハツ「タント」

 販売に伸び悩みが見られる車種はダイハツ「タント」です。発売は2019年7月なので、軽自動車では設計が新しい部類に入りますが、2019年1月から6月の国内販売ランキング順位では、1位のホンダ「N-BOX」(10万1454台/2017年8月登場)、2位のスズキ「スペーシア」(6万5323台/2017年12月登場)に次ぐ3位(6万2253台)となっています。

 先代タントは2013年に発売され、2014年に先代N-BOXを押さえて国内販売のナンバーワンになりましたが、現行型はN-BOXだけでなく、スペーシアにも抜かれています。

 現行型が2019年7月に発売された後の届け出台数を見ると、同年9月までは前年の届け出台数を上まわりましたが、10月には4%のマイナスになり、11月は逆に急増して前年の2倍近く売れました。12月は再び18%減っています。

 ダイハツがタントの売れ行きに危機感を持ち、12月23日にお買い得な特別仕様車のセレクションシリーズを設定したからです。

 たとえば「Xセレクション」は「X」グレードをベースとし、360度スーパーUV&IRカットガラス、チルトステアリングなど3万8500円分の装備を加えて、価格はXと同額に据え置いています。

 このような格安な特別仕様車は、通常はモデル末期(フルモデルチェンジの直前)に設定されることが多く、発売から半年にも満たない新型車は異例だといえます。

 そして装備を加えながら、価格をベースグレードと同額に据え置く特別仕様車を用意すると、既存のグレードは割高になって販売できません。そのためにセレクションシリーズの設定直前となる12月には、入れ替えのためにタントの売れ行きが下がりました。

 2020年に入ると格安な特別仕様車が売れ行きを伸ばすと期待されましたが、1月はモデル末期だった前年に比べて6%減りました。2月も4%、3月も6%減っています。4月から6月はコロナ禍の影響で大幅に下がり、7月も10%の減少でプラスに転じていません。

 格安のセレクションシリーズを投入しても、売れ行きが持ち直さないのは深刻な状態です。そのために2020年6月17日には、タントに「Xスペシャル」も追加しました。これはXからスライドドアの電動機能などをはずした特別仕様車で、価格を8万円少々値下げしています。

 装備の原価は、我々ユーザーが考えるよりも大幅に安いため、2019年12月に設定したセレクションシリーズのように、価格アップを抑えて装備を加える特別仕様車は比較的容易に開発できます。

 しかし装備を取り去って、価格を下げるのは非常に難しいです。メーカーや販売店の粗利を直接削るからです。このような特別仕様車のXスペシャルまで用意するほど、タントは追い詰められています。

 なぜ現行タントはここまで販売が伸び悩むのでしょうか。販売店に尋ねると、以下のように返答されました。

「先代タントがモデル末期まで好調に売れたため、現行型に乗り替えるお客さまがいまひとつ増えないようです。

 また現行型は車内で移動しやすいですが、デザインや装備の目新しさは乏しいと思います。標準ボディは、インパネの樹脂感覚が強く、いわゆる質感が不満という話も聞きます」

【画像】ダイハツ同士で競合!? タントとそのライバル車とは?(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 日本の軽規格ってマジで罪だよな、ウイスキーをコップに目一杯注いで水を一滴垂らして表面張力で溢れないから水割りって言うようなもんだろ?

  2. タント乗ってるけど、クルーズコントロールがターボ車にしかないから買ったけど燃費悪い