ディスプレイオーディオ標準装備のトヨタ新型「RAV4」登場! さらに安全・安心なクルマへ

トヨタは本格クロスカントリー「RAV4」を一部改良し、2020年8月7日に発売しました。

インテリジェントクリアランスソナーの全車標準化など、安全・安心装備もさらに拡充

 トヨタは2020年8月7日、同社の本格クロスカントリー「RAV4」に一部改良を施し、販売を開始しました。

トヨタ 新型 「RAV4 Adventure」アッシュグレーメタリック×シアンメタリック
トヨタ 新型 「RAV4 Adventure」アッシュグレーメタリック×シアンメタリック

 今回の一部改良では、スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオ(以下、DA)が全車標準装備となりました。それにより、DCMと併用することで、コネクティッドカーとしての便利で快適なカーライフを提供。

 SmartDeviceLink対応のスマホアプリ(TCスマホナビや音楽・ラジオのアプリなど)やApple CarPlay、Android Autoのマップ・電話・メッセージ・音楽アプリをDA上で、操作・利用することが可能です。

 また、運転中もハンズフリー通話や、音声による機能操作で、安心して使用することができます。

 そのほか、安全機能においては、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いや、アクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与する、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を全車標準装備。車両を上から見下ろしたような車両全周囲の映像をDAに表示し、後方視界や目視しにくい周囲の安全確認をサポートするパノラミックビューモニターを設定するなど、装備が拡充されました。

 なお、RAV4は2019年度の自動車の安全性能を試験・評価する自動車アセスメントJNCAPにおいて高い安全性能が認められ、最高ランクである「予防安全性能評価ASV+++」および「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を受賞しています。

 トヨタ 新型 RAV4の価格(消費税込)は、X(2WD)が274万3000円、X(4Wd)が297万4000円、G(4WD)が339万1000円、G“Z package”が353万9000円、Adventureが331万円、HYBRID X(2WD)が334万3000円、HYBRID X(E-Four)が359万6000円、HYBRID Gが402万9000円です。

トヨタ・RAV4のカタログ情報を見る

【画像】安全・安心装備が拡充されたトヨタ新型「RAV4」を見る(4枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント