普通の車でも大丈夫!? プロに聞く初めての「車中泊」のポイント

道の駅で車中泊するときに気を付けるポイントは?

 一般社団法人日本RV協会が発行する「キャンピングカー白書2020」によると、キャンピングカーユーザーの80.3%が、道の駅で車中泊しています。

 続いて高速道路のSA/PAが56.8%、以下、低料金で車中泊ができるRVパークが42.1%、キャンプ場が40.6%となっています。

全国各地に増加中の道の駅(画像はうつのみや ろまんちっく村)
全国各地に増加中の道の駅(画像はうつのみや ろまんちっく村)

 2018年の同協会での一般的なクルマのユーザーも対象にしたアンケート「クルマ旅のスタイル」でも、車中泊をした場所で多かったのは道の駅が61.8%、SA/PAが12.9%でした。

 車中泊が注目されている背景には、道の駅のブームが関係しているといえるでしょう。

「地域とともにつくる個性豊かなにぎわいの場」をコンセプトとした道の駅は、1991年に全国12か所で社会実験的に始まり、1993年から本格的に103か所からスタート。現在(2020年7月1日時点)では、全国に1180駅が登録されています。

 前出の浅井氏が道の駅巡りを始めた2014年ごろに比べ、最近の道の駅ではキャンピングカーだけでなく、一般のクルマで車中泊をする人も増えているといいます。

 車中泊の行動で一般的なのは、目的地の近くで24時間利用できる道の駅(高速のSA/PA)の駐車場で仮眠をとって、翌朝から目的地で観光を満喫するというものです。

 道の駅では温泉施設やエンタメ施設が利用できることもあり、早く着けばそれらも楽しむことができます。

「駐車スペースは宿泊場所ではなく、あくまでも休憩や仮眠をするのが前提です。誰でも利用できますが、スペースは限られています。キャンプ場のようにテーブルや椅子を出すことはもちろん、そこで調理をするのもNGです」(浅井氏)

※ ※ ※

 車中泊の一番のメリットは、宿の予約や行き先にしばられないで自由に旅ができることです。

 しかし、道の駅などでは、車中泊利用者のマナーやルール違反などが問題視され、車中泊が禁止されているところがあります。

 道の駅で車中泊する場合は、可能かどうかを事前に調べたうえで、マナーやルールを守っておこないましょう。

【画像】見た目は普通でも中がスゴイ! 車中泊できる「セレナ マルチベッド」とは?(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント