日産新型「キックス」は既に人気SUVだった!? 日本投入でこだわられたポイントとは

日産が2020年6月30日に発売したSUV「キックス」は、じつは他国においてすでに人気を博しているといいます。そんななか、日本市場にはどのようなモデルとして登場したのでしょうか。

日産のSUV「キックス」は既に人気モデルだった?

 日産が2020年6月30日に発表した新型SUV「キックス」は、同社にとって10年ぶりの国内新規車種として登場したほか、日産のタイの拠点で生産される輸入車ということでも注目を集めました。

 しかし、キックスはタイ以外の海外市場でも注目を集めるモデルで、満を持しての日本市場に投入されます。日産がコンパクトSUV市場へかける意気込みとは、どのようなものなのでしょうか。

日産新型「キックス」
日産新型「キックス」

 キックスという車種名自体は、1995年の東京モーターショーに出展されたセダンタイプのコンセプトカーで初めて登場し(綴りは「XIX」)、その後1998年のパリモーターショーに出展されたコンセプトカーでも採用(綴りは「KYXX」)。

 その後、2008年に三菱「パジェロミニ」のOEM車の車種名として、軽自動車の市販モデルでも用いられました(綴りは「KIX」)。

 一方、2020年現在日本で発売された新型キックス(綴りは「KICKS」)と直接関係するモデルは、2016年に登場しました。

 最初に発表されたのはブラジルで、「都会に住む人をターゲットとしたスタイリッシュなクロスオーバー」というコンセプトで2016年8月に発売。

 その後、南米の他地域でも発売されたほか、中国やUAE(アラブ首相国連邦)などさまざまな国で発売されました。

 2016年のキックス発売当時、グローバル商品企画担当常務執行役員の加藤顕央氏(役職は当時のもの)は、次のようにコメントしました。

「キックスは、世界中のお客さまのニーズに応えるため、日産が培ってきた経験を活かして開発されたコンパクトクロスオーバーです。

 クラストップのデザインと利便性、革新的な技術を兼ね備えており、私たちの『日産インテリジェント・モビリティ』へのコミットメントを証明するモデルといえます」

 発売以降、キックスの発売は順調に伸び、世界の各市場のコンパクトSUVセグメントにおいて、トップクラスの販売を記録。

 UAEやチリ、メキシコでは同セグメントでトップの販売台数を記録したほか、ブラジルでもセグメント2位となっています(メキシコのみ2018年の実績、その他の国は2018年下半期の実績)。

 ちなみに、中国では同セグメントの販売上位とはなっていませんが、中国市場ではヒュンダイ「IX25」のほかにホンダ「HR-V」「XR-V」がとくに高い人気となっています。HR-Vは日本で販売される「ヴェゼル」の海外名で、XR-Vはヴェゼルの兄弟車です。

 キックスは日本に上陸する前から国内他メーカーのコンパクトSUVと競合するモデルだったのです。

 なお、メキシコやブラジルなど、HR-Vよりキックスのほうが売れている国も存在します。

※ ※ ※

 一方、国内のコンパクトSUVと市場に目を向けると、2013年発売のヴェゼルや、2016年発売のトヨタ「C-HR」など、コンパクトSUVの売れ行きが急成長。SUV市場のなかでコンパクトSUVが占める割合は、2011年頃の25%から2019年頃には43%まで拡大しました。

 2010年に発売された日産「ジューク」は、コンパクトSUVの先駆者ですが、ライバルたちの登場もあって市場拡大の波に乗ることができず、商品改良も数回おこなわれたものの販売が徐々に低迷します。ヴェゼルやC-HRが販売年数を重ねても、適切な商品改良により販売下落を最小限に抑えたのとは対照的です。

 結果、日産はキックスを国内市場へ投入することで巻き返しを図ることになりました。なお、今回の日本導入とあわせて日産は、生産国であるタイでもキックスを販売することにしています。

【画像】25年前のキックスはいまの面影が全くない!? 幻の「XIX」実車の写真などを見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント