爆売れが止まらない!? トヨタ「RAV4」はなぜ人気? 値引きも狙える販売動向を聞いてみた!

2020年6月17日にトヨタは「RAV4」の派生車として「RAV4 PHV」を新たに発売しました。ベースとなるRAV4は、2019年4月10日の発売以降好調な売れ行きを見せていますが、直近の販売台数やPHVに対するユーザーの反応はどうでしょうか。

人気グレードは順当、発売から1年経過で値引き狙いも?

 トヨタ「RAV4」の現行モデルは、2019年4月より国内での販売を開始した5代目です。街乗りメインの都会派SUVが人気を集めるなか、本格的なオフロード性能を備えたモデルとして、登場後すぐに人気を獲得します。

 2019年4月に登場しながらも、同年1月から12月での販売台数は5万3965台を記録したほか、「2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー」をトヨタ車で10年ぶりに受賞するなど、いちやくヒット車種に上り詰めました。

すぐに年内生産分を完売した…306馬力を誇るすげぇ速いトヨタ「RAV4 PHV」
すぐに年内生産分を完売した…306馬力を誇るすげぇ速いトヨタ「RAV4 PHV」

 そんな名実ともに好調のRAV4ですが、2020年6月17日にはPHVモデルが追加されています。

 PHVモデルのグレード展開は、「G」「G”Z”」「BLACK TONE」の3種で、ハイブリッドモデルの「THS II」をベースにしたプラグインハイブリッドシステムである「THS II Plug-in」を採用しています。

 また、モーターを高出力化してシステム最高出力を306馬力にしたほか、ハイブリッド燃費ではWLTCモードで22.2km/Lを誇るなど走行性能を大幅に向上させました。

 トヨタでは、「プリウスPHV」についで2車種目となるPHVモデルを追加したRAV4シリーズですが、直近の動向はどうでしょうか。

 首都圏のトヨタ販売店スタッフは以下のように話します。

「RAV4は、発売から現在まで人気なグレードは変わらず、1番人気は安全装備や内外装が充実した『G』、2番目は機能性とデザイン性でオフロード色の強い『Adventure』です。また、ガソリンとハイブリッド、2WDと4WDはバランス良く売れています。

 直近では、ほかの車種同様にコロナの影響で販売は落ち込んでいるものの、問い合わせ件数は多いです。PHVに関する内容に加え、発売から1年以上経過したので、値引きに関する問い合わせが増え始めています」

※ ※ ※

 もっとも売れている「G」は、トヨタの予防安全装備「Toyota Safety Sense」に加え、「インテリジェントクリアランスソナー」や「リヤクロストラフィックオートブレーキ」が標準装備されているほか、内装では合成皮革シートやパワーシートが採用されており、街乗りユーザーを中心に幅広い客層からの人気を集めています。

 また、「Adventure」は、新採用の4WDシステムである「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が標準装備されているほか、タイヤやホイールアーチ、フロントマスクのデザインなどがオフロード向けにデザインされており、おもにアウトドアユーザーからの安定した評価を得ているようです。

 気になる値引きについては、実際に販売店スタッフは「発売から1年経ったので、柔軟に対応可能となった」と話しています。新車登場から少々熱が冷めた今、タイミングを伺っていたユーザーたちが動き出しているようでした。

【画像】これはカッコイイ!? PHV専用のエアロパーツを見る!(38枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント