販売終了から11年… ホンダ「S2000」が20年目のマイチェン!? 新パーツの驚きの実力

2020年時点でホンダとして最後のFRスポーツカーとなっている「S2000」ですが、ホンダの純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスは、生誕20周年を記念して「S2000 20th Anniversary」と題した純正パーツを2020年6月26日に発売しました。どのようなパーツなのでしょうか。

S2000が20年目のマイナーモデルチェンジ!? アニバーサリーパーツの実力は?

 ホンダ「S2000」に、「S2000 20th Anniversary」と題した純正アクセサリーが2020年6月26日に発売されました。これはホンダ車の純正用品を開発・販売するホンダアクセスが、S2000の生誕20周年を記念して開発したものです。

 開発にあたっては、『20年目のマイナーモデルチェンジ』をコンセプトに掲げ、実際にS2000を所有するオーナーへのヒアリングを何度も実施。オーナーが本当に欲しいと思うアイテムを厳選して開発したといいます。

2009年の販売終了から11年…生誕20周年を記念して発売された「20th Anniversary」
2009年の販売終了から11年…生誕20周年を記念して発売された「20th Anniversary」

 1999年に発売された、ホンダのオープンFRスポーツ「S2000」。ホンダの創立50周年記念車として開発がおこなわれ、当時(現在もですが)FFシャシがほとんどであったホンダ車のラインナップにおいて、専用開発されたFRシャシやレッドゾーンが9000回転からというF20Cエンジン、そして6速MTなど、あらゆる構成部品が専用開発されました。

 2リッター自然吸気エンジンを搭載するオープンスポーツですから、普通に考えれば運動性能よりも「ドライビングの楽しさ」を追求したモデルを連想しますが、このS2000はまさに超辛口のスポーツカー。とくに初期モデルのAP1-100型は、そのクイックな操縦性は『ピーキーな』と表現されることもありました。

 その後、S2000は幾度もの改良がおこなわれ、AP1-110、120、130、135、200型へと進化。2005年11月にはエンジンを2.2リッターのF22Cへと変更したAP2-100が登場し、110型では「タイプS」を追加しますが、2009年9月に販売を終了となります。

 約10年のモデルライフのうち、日本国内の累計販売台数は約2万台といわれ、決して商業的に成功した車種とはいえません。

 しかし、そのストイックな車両のキャラクターや、今なお一級品の運動性能などから生産終了から10年以上を経た現在も、多くの人気を集めています。

 今回のS2000 20th Anniversary純正アクセサリーはあくまでパーツ単体の販売なのですが、発売元であるホンダアクセスでは、各アイテムを装着した取材車両を用意しており、今回ようやく試乗できる日がやってきました。

 取材当日はあいにくの雨模様ではありましたが、筆者(佐橋健太郎)のテンションは最高潮。というのもボク自身がS2000(AP2)のオーナーであり、愛車には当時のModuloスポーツサスペンションを装着しているからです。

 もちろんS2000 20th Anniversary純正アクセサリーは発表された瞬間にオーダーを入れ、フロントバンパーやスポーツサスペンション、フロアマット、オーディオリッド、そしてボディカバーの5アイテムを納品待ち。

 20年目のマイナーモデルチェンジを実現させる純正アクセサリーを愛車に装着する前に、ホンダアクセスの試乗車両で雨の東京をたっぷりと走ってきました。

 今回のS2000 20th Anniversary純正アクセサリーが装着された車両を、あらためて解説しておきましょう。

 ベース車両はAP1-100系と呼ばれる1999年式の初期モデル、走行距離は約5万7000キロという極上車両です。装着されている純正アクセサリーは、外装ではフロントエアロバンパー、リアストレーキ、そしてトランクスポイラー。内装ではフロアマット、オーディオリッド、フットライトが装着されています。

 また足もとはS2000の最終期にあたるAP2-110系の純正ホイールへと交換されており、これによってAP1-100純正の16インチから17インチへとサイズアップ。

 タイヤはブリヂストン製ポテンザS007Aで、サイズはフロントが215/45R17、リアは245/40R17が組み合わされています。

 このポテンザS007Aは、AP1-100の新車販売時に純正装着されていたポテンザS02Aの系譜に連なる最新スペック。このことからも、S2000 20th Anniversaryが現代のタイヤに合わせてリセッティングされたアクセサリーであることが期待できます。

【画像】20年目にマイチェン!? 新たな顔に生まれ変わったホンダ「S2000」をチェック(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント