究極の迫力フェイス!? 米軍向け新型「ISV」生産開始! 2.8Lディーゼル搭載の9人乗り

GMディフェンスは、アメリカ陸軍向けの新型「ISV」の生産をおこなうと発表しました。今回の契約は2億1430万ドル(日本円換算で約230億円)で、最終的に2065台が納入されます。

新型「ISV」は2.8リッターディーゼルターボ搭載の9人乗り!

 ゼネラルモーターズ(以下、GM)の子会社であるGMディフェンスは、アメリカ陸軍向けの新型「ISV」(Infantry Squad Vehicle:歩兵分隊車両の意味)の生産をおこなうと発表しました。

 アメリカ軍の隊員に対して迅速な地上移動を提供する新型ISVとは、いったいどんなクルマなのでしょうか。 

GMディフェンス 新型「ISV」
GMディフェンス 新型「ISV」

 新型ISVはシボレーのピックアップトラック「コロラドZR2」をベースに開発された、9人の兵士を輸送することができるクルマです。

 軍用車両ではあるものの、全体のうち市販部品の活用割合は90%にのぼるとGMディフェンスは説明します。

 荒れ地での走破性が十分に確保されている一方、優れた機動性を実現するために車両の軽量化も配慮されており、ヘリコプター「UH-60ブラックホーク」に吊り下げて輸送することも可能です。

 搭載されるエンジンは2.8リッターディーゼルターボで、最高出力188馬力を発揮。トランスミッションは6速ATが組み合わされます。

 GMディフェンスのデビッド・アルブリットン社長は次のようにコメントします。

「新型ISVは、軍のすべての要求を満たし、それを超えるものになると確信しています。

 世界最大級の自動車メーカーである親会社の経験を活かし、アメリカ軍とその同盟国に最高の技術を設計・製造し、提供できることを大変光栄に思っています」

 GMディフェンスによると、今回の契約は2億1430万ドル(日本円換算で約230億円)で、最終的に2065台が納入される予定です。

【画像】ベースの市販車から大変身!? イカツ過ぎる新型「ISV」ささっと見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント