ドライビングはスポーツだ! じゃじゃ馬揃いの国産ミッドシップ車3選

スーパーカーやスポーツカーで、理想的な駆動方式として採用されたのがミッドシップ・リアドライブ(MR)です。これまで、国産車でもわずかな車種ですがMRのクルマが存在。そこで、記憶に残るMR車を3車種ピックアップして紹介します。

かつて存在したじゃじゃ馬ミッドシップを振り返る

 エンジンをボディの中央に近いところに配置し、リアタイヤを駆動するミッドシップ・リアドライブ(MR)は、レーシングカーから誕生した駆動方式です。

超辛口な国産ミッドシップカーたち
超辛口な国産ミッドシップカーたち

 MRは重量物を車体の重心付近に置くことで前後重量配分を最適化でき、運動性能とトラクション性能が高められるため、これまでスーパーカーを中心に市販車にも採用されています。

 一方で、エンジンの出力特性やサスペンションのセッティングによっては、クルマの挙動が神経質になることもあり、速く走らせるにはドライバーの腕次第というMR車も存在。

 そこで、数少ない国産MR車のなかから、記憶に残るモデル3車種をピックアップして紹介します。

●トヨタ「MR2」

ハイパワーになって操縦性もトリッキーだった2代目「MR2」
ハイパワーになって操縦性もトリッキーだった2代目「MR2」

 トヨタ初代「MR2」は、1984年に国産量産乗用車初のミッドシップ車として誕生。上位グレードは高回転型の1.6リッター直列4気筒DOHCエンジン「4A-G型」を横置きに搭載し、軽量な車体と相まって軽快なコーナーリングを楽しむことができました。

 一方で、ミッドシップらしい速さを追求することで操縦性がシビアになってしまうことを避け、比較的マイルドなサスペンションセッティングとなっています。

 1986年のマイナーチェンジでは、最高出力145馬力を発揮するスーパーチャージャー付きエンジン車を追加。

 同時にサスペンションセッティングなどが最適化されたことにより、コーナーリングスピードが向上し、よりスポーツカーらしさが強調されます。

 そして、1989年に2代目MR2がデビュー。「セリカ」などに搭載されていた165馬力の2リッター直列4気筒DOHCの自然吸気エンジン仕様と、225馬力の高出力を生むターボエンジン仕様をラインナップし、1クラス上の車格となって生まれ変わりました。

 初期のモデルは柔らかめのスプリングを用いたマイルドなサスペンションセッティングでしたが、ハイパワーなエンジンにブレーキなどシャシ性能が追いついておらず、かなり神経質な操縦性と評されます。

 そこで、1991年のマイナーチェンジで、ブレーキの強化やLSDの採用、サスペンション性能の向上が図られました。

 また、2度目となる1993年のマイナーチェンジではエンジンを中心に動力系が強化され、ターボエンジンの出力は245馬力に向上し、自然吸気エンジンも180馬力(MT車)を発揮。

 2代目MR2は1999年まで10年間生産されましたが、その間に4回のマイナーチェンジがおこなわれました。パワーの向上と共にシャシ性能も向上したため、熟成された最終モデルはいまも高い人気を誇っています。

●オートザム「AZ-1」

まさにミニスーパーカーといえる「AZ-1」
まさにミニスーパーカーといえる「AZ-1」

 1992年にデビューしたマツダ(オートザム)「AZ-1」は、軽自動車唯一のガルウイングドアを持つ2シータースポーツです。

 外装にFRPを多用した720kgの軽量ボディに、スズキ「アルトワークス」に搭載されていた、最高出力64馬力の660cc直列3気筒DOHCターボエンジンをリアミッドシップに横置き搭載。

 また、ステアリングのロック・トゥ・ロック(左右にステアリングを回した際の最大回転数)が2.2回転と、国産車では類を見ないほどのクイックステアで、「公道を走るゴーカート」と称されました。

 しかし、過度の軽量化とリア寄りの前後重量配分となったことから、フロントタイヤの接地荷重が低く、クイックな分だけアンダーステア傾向が強くなっています。

 一方、リアサスペンションのセッティングの甘さから唐突にオーバーステアに転じることもあり、スピンを喫してしまうドライバーも多く、「面白いけど危険なクルマ」といわれるほどじゃじゃ馬な性格でした。

 AZ-1の価格は149万8000円(消費税含まず)と、当時としては高額だったことや、実用性の無さもあって販売は苦戦を強いられ、1995年に生産を終えました。

 現在は、軽自動車のピュアスポーツカーというキャラクターが好まれ、海外のコレクターたちも狙っているため、状態の良い物件は新車価格の倍以上の金額で取引されることもあるほどです。

【画像】往年のじゃじゃ馬たち!ミッドシップカーを見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事