スズキの原付二種スクーター「スウィッシュ」は通勤快速の名を欲しいままにした新旧「アドレス」より快足!?

通勤など日常の足として利便性に優れる原2スクーター。なかでもスズキ「アドレス」は“通勤快速”とまで言われていますが、その俊足を中間加速で引き離す実力者がスズキ「SWISH(スウィッシュ)」です。現行「アドレス125」オーナーの青木タカオが試乗しました!!

その価格差は実力で埋める!?

 スズキの原付二種スクーターには、「ADDRESS(アドレス)」という強力なモデルが、排気量125ccと110ccの2本立てで存在しますが、その上級モデルとして「SWISH(スウィッシュ)」があることを忘れてはいけません。

スズキ「SWISH(スウィッシュ)」に試乗する筆者(青木タカオ)

 開発チーフエンジニアによると、先代「アドレスV125S」そして現行「アドレス125」と比較テストをしたとき、発進で0.1秒、30km/h追い抜きで0.3秒タイムを短縮し、0→15m付近のダッシュは同等ながら、20m付近から両車を引き離し、中間加速でも上回ると言います。あの通勤快速「アドレス」新旧モデルより“快足”なのです!

【画像】スズキ「スウィッシュ」詳細を見る(13枚)

 ヘッドライトをLED化し、メーターもフル液晶デジタルとした上級モデルですが、車体はコンパクトで見るからにすばしっこい。

 足まわりは「アドレス125」がフロント12/リア10インチ、「アドレス110」が前後14インチとしているのに対し、「スウィッシュ」は「アドレスV125S」と同じ前後10インチ。取り回しに優れ、身のこなしの軽さが際立ちます。

 ただし、「アドレスV125S」は「高速域で不安定……」という声があったのも事実。そこで「スウィッシュ」は、「アドレスV125S」で90/90-10だったフロントタイヤをリアタイヤと同じ100/90-10サイズとし、高い接地性を確保しました。

 リアにはアルミ製スイングアームと、不等間隔で巻かれたプログレッシブスプリングを持つツインショックを装備。フロントフォークもアドレスより太く、インナーチューブ径33mmとし、安定した走りを実現しています。

スズキ「SWISH(スウィッシュ)」カラー:トリトンブルーメタリック。前後とも10インチ、5本スポークデザインのアルミキャストホイールを装備し、タイヤは100/90-10サイズを履く

 乗ってすぐに感じるのは、大柄な「アドレス125」よりライディングポジションがコンパクトで、全体的に引き締まっている印象です。体が大きくゆったりと乗りたいなら「アドレス125」、「アドレスV125S」時代のような小さくまとまった感じを好むなら「スウィッシュ」というチョイスでいいかもしれません。

 価格も大いに気になるところでしょう(以下、消費税10%込み)。

「スウィッシュリミテッド」34万6500円
「スウィッシュ」32万4500円
「アドレス125フラットシート仕様」23万1000円
「アドレス125」22万5500円
「アドレス110」21万7800円

 充実するスズキ原2スクーターのラインナップですが、低価格帯をアドレスが引き受け、上級版としてスウィッシュが存在していることが値段からもわかります。

ワンランク上の充実した装備内容も大きな魅力

 装備内容もワンランク上といったところで、メーターは多機能で見やすいフル液晶ディスプレイにグレードアップ。スズキスポーツ車から受け継ぐ縦2灯ヘッドライトはLED化されるだけでなく、LEDポジションランプも装備し、精悍なフロントマスクを演出しています。リアコンビネーションランプもLED式で、エッジの効いたシャープなテールエンドとなりました。

シャープなイメージを演出するフロントマスクにはLEDを採用

 また、最上級仕様のリミテッドは、指先が冷えるのを防ぐナックルバイザーや5段階調節のできるグリップヒーター、お尻も暖かいシートヒーターを装備し、冬も快適です。

 フロントのインナーラックやシート下のトランクも「アドレス125」より広く、フルフェイスヘルメット、プラスアルファの大容量を確保。積載力の高さは大きなセールスポイントで、さらにスマートフォン等を充電できるUSBソケットも装備しています。

 スムーズに加速し、高回転まで力強いSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンは、WMTCモード値50.1km/Lという高い燃費性能を実現。経済性に優れることは言うまでもありません。

排気量124ccの強制空冷4サイクル単気筒SOHC2バルブ、SEPエンジンを搭載

 通勤など日常の足として最適な原付二種スクーターですが、ベーシックモデルではなく、ひとつ上の質の高さも感じつつ移動を楽しみたい、そんな向きのある大人に選んでいただきたい1台です。

提供:バイクのニュース

もしもヤマハ「NMAX155」を買ったら? 便利すぎてオールインワンになるのがコワイ!?
250スクーターでライバル車より20万円以上低価格!! 実用性抜群なキムコ「G-Dink250i」に注目
デカいボディのカワサキ「J125」 スーパースポーツ譲りの精鋭な外観を持つ原付二種スクーター
ホンダ新型「ADV150」に乗って実感 身長160cmの女性ライダーが見たバイクらしい楽しさとは?
前2輪の3輪スクーター ヤマハ「トリシティ155」を原二の125と比べてみると?

【画像】スズキ「スウィッシュ」詳細を見る(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Writer: 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク技術関連著書もある。

最新記事

コメント