今年No.1の注目度 トヨタの新旧ハリアーを比較! 何がどう変わった?

2020年6月17日に4代目へとフルモデルチェンジする予定のトヨタ新型「ハリアー」。先代モデルとなる3代目ハリアーから、どのような点が進化したのでしょうか。

ラグジュアリー感をさらに刷新! 見惚れるかっこよさの新型ハリアー

 トヨタの新型「ハリアー」は2020年6月17日に発売されます。4代目となる新型ハリアーは、先代ハリアーからどのような点が進化したのでしょうか。

注目度No.1のトヨタ「ハリアー」(左:新型モデル、右:先代モデル)
注目度No.1のトヨタ「ハリアー」(左:新型モデル、右:先代モデル)

 新型ハリアーのボディサイズは、全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mmとなり、先代ハリアーの全長4725mm×全幅1835mm×全高1690mmに比べて、全長と全幅は拡大しつつも全高は低くなったことにより、ロー&ワイドかつ低重心なスタイルに変わっています。

 フロントデザインでは、新型ハリアーは上側のグリルが先代ハリアーと比べて細長くなりメッキ加飾が施され、下側のグリルは裾が広がる形状に変更されたことで、中心部分に集まるような造形となりました。

 ライト類では、新型ハリアーにシャープな形状のヘッドランプや二重のL字型に発光するデイタイムランニングランプを採用。フォグランプの位置を先代ハリアーのバンパー左右部から中央寄りにずらしています。

 また、歴代ハリアーのトレードマークだった「チュウヒ」(タカの一種)のエンブレムは、ほかのトヨタ車に採用されているトヨタエンブレムに変更。トヨタは、エンブレムの変更について「新型よりオールトヨタでの販売を開始、そのタイミングに合わせ、オーバルマークへと変更します」と説明しています。

 新型ハリアーのリアデザインは、絞り込まれたクーペスタイルと横一直線に光るテールランプとストップランプが、近未来的なデザインとなり圧倒的な存在感を与えています。

 内装では、先代ハリアーではインパネ中央部にカーナビなどが内蔵されていましたが、新型ハリアーでは馬の鞍をイメージしたセンターコンソールを包み込むような形状のインパネの組み合せに、ディスプレイオーディオが備わった形に変更されました。

 さらには、触感にこだわったレザー調の素材や曲木に着想を得たウッド調加飾、パイクピング加飾を施すことで、先代ハリアー以上に上質感のある室内空間となっています。

 トヨタの販売店スタッフは、新型ハリアーのデザインについて次のように話します。

「先代ハリアーのオーナーからは、室内の質感に関する問合せをいくつか頂きました。やはり、自分が普段乗る室内の変更点に関心があるようです。

 あと、新型ハリアーにトヨタ初として採用された調光付きパノラマルーフの調光具合を気にする人もいらっしゃいますが、言葉ではなかなか説明出来ないため、これに関しては店頭の実車で確認頂くのが確実だと思います。

 もうひとつの特徴である『デジタルインナーミラー』は、車両前後のカメラ映像を録画することができる機能が加わったことがトヨタ初として話題となり、使い方次第ではドラレコの代わりになるのではないかと、お客さまの関心も高いです」

※ ※ ※

 また、快適機能ではアクセサリーコンセント(AC100V/1500W)をハイブリッド車に設定。家庭用と同じコンセントで電化製品を使用できるとともに停電などの非常時には発電機として使用できます。

 ナビゲーション関連では、先代ハリアーに9.2インチディスプレイのT-Connect SD ナビゲーションシステムが上級グレードに標準装備されているものの、従来と同じインパネに埋め込むタイプでした。

 新型ハリアーでは、SとG(レザー含む)には「8インチディスプレイオーデイオ+6スピーカー(ナビ機能はオプション)」、Zグレード(レザー含む)には「12.3インチ T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)」が標準装備し、新型ハリアーからスマホ連携によるApple CarPlayやAndroid Autoが標準で操作可能となりました。

【画像】新旧ハリアーをささっと比較!(48枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント