遊べる軽SUV爆誕! ダイハツ新型「タフト」発売 ユーザーの関心はどの部分?

2020年6月10日に発売されたダイハツの新型「タフト」ですが、ユーザーは新型タフトのどのような部分に関心があるのでしょうか。

遊べる軽SUV爆誕! ダイハツの新型「タフト」の魅力とは

 2020年6月10日に発売したダイハツの新型「タフト」ですが、同年4月3日からは先行予約キャンペーンが開始されるなど発売前から話題となっていました。

 そんな、新型タフトについて、ユーザーはどのような部分に関心があるのでしょうか。

注目の軽SUVことダイハツの新型「タフト」 ユーザーの関心はどんな部分?
注目の軽SUVことダイハツの新型「タフト」 ユーザーの関心はどんな部分?

 新型タフトは、2020年1月に開催された「オートサロン2020」でコンセプトカーが世界初公開。その後、先行予約が開始されておりダイハツのホームページでは車内装備や使い勝手の紹介がされました。

 新型タフトの注目点は、全車標準装備となる「スカイフィールトップ(スーパーUV&IRカット)」を採用していることです。全車に標準装備する理由についてタフトの開発者は次のように話します。

「アウトドアやレジャーなどで使えるクルマというコンセプトがあるため、非日常を味わえる視界の良さを表すために設定しています。全車標準装備の理由は、有り無しを分けて設定するとコスト面に負荷が掛かるため、統一の装備としました」

 また、車内における前席/後席の使い方にも新型タフトには大きな特徴が存在します。

 前席は「クルースペース」と名付けられた空間で、開放感あるデザインと使いやすい収納など運転者が扱い易い空間を演出。

 一方の後席と荷室は「フレキシブルスペース」という空間として設けられ、リアシートを前に倒すと荷室部分と段差のないフラットな空間が生まれます。

 これにより、大きな荷物も積載可能となることが特徴で、シートバックには汚れにくい加工が施されています。

 荷室部分はフレキシブルボードで仕切られ、ボードを下げたり立て掛けたりすることで、背の高い荷物を積みやすくすることが出来ます。もちろん、リアシートとしても快適に座ることが可能です。

 そんな遊べるクルマとして、登場する新型タフトですが、ユーザーからどんな反応を受けているのでしょうか。

 先行予約時点における人気グレードについて、ダイハツ販売店スタッフは次のように話します。

「新型タフトには、ノンターボの『X』と『G』、ターボ付きの『Gターボ』の3グレードがあり、それぞれに2WD/4WDが設定されています。

 問合せで多いのは、『X』と『Gターボ』の4WDモデルです。街乗りが中心となるセカンドカーとしての需要が高いことから、最安値のグレードが人気なのは頷けるものの、『Gターボ』も反応が良いことには少し驚いています」

※ ※ ※

 新型タフトのグレードと車両価格は、660cc自然吸気エンジンの「Xグレード」は2WDが135万3000円、4WDは147万9500円。「Gグレード」の2WDは148万5000円で4WDが161万1500円です。

 660ccターボエンジンを搭載する「Gターボ」の2WDが160万6000円で4WDが173万2500円となります。

 なぜ、最安値グレードと比べ40万円近い価格差がありながら、最上級グレードに注目が集まっているのでしょうか。

 前述とは別のダイハツの販売店スタッフは、次のように話します。

「軽自動車は人気車種揃いですので、他メーカーの軽自動車と比較して検討されているお客さまが多いです。

 しかし、最近の軽では珍しいSUV風の見た目はウケが良く、先行予約をされた人はデザイン性を気に入ったということが多いです。

 また、軽自動車ではなくコンパクトカーやミニバンからの乗り換えを検討しているというお客さまもいらっしゃいます。

 普通車から乗り換えられるお客さまであれば、安全・快適装備はこれまで乗っていたものと同等を希望されます。その場合、『Gターボ』を検討されます」

※ ※ ※

 また、上質さを高めながら独自の存在感を放つ2つの「メッキパック」や、ディテールをより追求することでオリジナリティを高める3つの「スタイルパック」という、メッキ加飾やカラーがアクセントとなったメーカーオプションが設定されるなど、自分だけの遊び心ある1台に仕上げる点もユーザーからの関心を集めているようです。

【画像】自分好みにカスタム! 新型タフトをささっと見る!(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント