超絶カッコイイのになぜ消えた!? 一代限りの残念ボディ車3選

近年では少なくなりましたが、かつては1車種で複数のボディタイプを設定するのが一般的でした。そうしたモデルのなかには、一代限りで廃止されたボディタイプが存在。そこで、短命に終わったボディタイプのクルマを3車種ピックアップして紹介します。

意外とイケていたのに消えたボディタイプを振り返る

 昔の国産車は、1車種でセダン、クーペ、ハッチバック、ステーションワゴン、バンと、複数のボディタイプを設定するのが一般的でした。

いまならもっと売れそうなボディタイプのクルマたち
いまならもっと売れそうなボディタイプのクルマたち

 しかし、近年では合理化が進み、専用車種ごとに分けて開発されているため、かつてほど複数のボディタイプは設定されなくなっています。

 そんな複数のボディタイプが設定されていた頃でも、一代限りで消えてしまったモデルも存在。そこで、短命に終わったボディタイプのクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「スカイライン ハッチバック」

残念ながら売れないジンクスを証明してしまった「スカイライン ハッチバック」
残念ながら売れないジンクスを証明してしまった「スカイライン ハッチバック」

 1981年に登場した日産6代目「スカイライン」は、5代目と同様にセダンとクーペ、バンが設定されたことに加え、スカイライン初の試みとして、5ドアハッチバックが存在しました。

 5ドアハッチバックのボディはリアシート部分まで4ドアセダンとドアも共通でしたが、トランク部分がルーフエンドからテールエンドに向かってなだらかに傾斜するバックドアに置き換えられています。

 4ドアセダンの居住性とハッチバックの利便性を合わせ持つことが最大の特徴でしたが、スカイラインのイメージには合わなかったためか、販売は低迷。

 当時の国産車は、5ドアハッチバックは売れないというジンクスがありましが、これはより使い勝手の良いステーションワゴンの存在がによるものと推測されます。

 そのためか、1985年に発売された7代目スカイラインでは5ドアハッチバックが廃止され、ステーションワゴンが設定されました。

●マツダ「サバンナRX-7 カブリオレ」

スタイリッシュかつ高性能なオープンカーとして人気だった「サバンナRX-7 カブリオレ」
スタイリッシュかつ高性能なオープンカーとして人気だった「サバンナRX-7 カブリオレ」

 1985年に登場したマツダ2代目「サバンナRX-7」は、高出力時代に対応する185馬力のロータリーターボエンジンを搭載するピュアスポーツとしてデビューします。

 そして、1987年にロータリーエンジン搭載車発売20周年を記念して、高性能な2シーターオープンカーである「サバンナRX-7 カブリオレ」が追加されました。

 ルーフには電動開閉式のソフトトップを採用し、トップ部分は樹脂成型パネルとして遮音性や対候性を向上。標準仕様のバックドアはトランクに置き換えられています。

 また、熱線式デフォッガー付きのガラス製リアウインドウや、オープン時の風の巻き込みを抑える整流板、シートのヘッドレストに埋め込まれたスピーカーなど、快適性も考慮されていました。

 さらに、ユニークな機構としてルーフトップのみを取り外すことができ、タルガトップスタイルにも対応。クローズドやフルオープン時のスタイルも含め「最も美しい国産オープンカー」とも称賛され、人気を博します。

 しかし、1991年に登場した3代目となるアンフィニ「RX-7」ではオープンモデルが設定されず、サバンナRX-7 カブリオレは1992年まで継続して販売されました。

【画像】絶対カッコイイ! 今ならもっと売れるそうなイケてるクルマを見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事